○○化粧品は、アカウントリスク大!要注意

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

○○化粧品は、アカウントリスク大!要注意

●化粧品カテゴリーのアカウントダメージは?

先日、とあるセドラーさんとお会いしていて
メーカーの規制に関する話をしていたときに
危ないカテゴリーの話になりました。

そのセドラーさんは
化粧品販売で1度アカウントが一気に
閉鎖になったことがあります。

そもそも、アマゾンのガイドラインに
のっていたことのようで
復活はなかったようです。

●輸入化粧品一覧リスト

化粧品の中でも、
輸入の化粧品がだめなようです。

そのメーカーの一覧はこちらになります。

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/help.html?itemID=200339950&language=ja-JP&ref=mpbc_1085248_cont_200339950

ここのページの

「ビューティー」の部分の

「出品することができない一部並行輸入化粧品について、詳しくは[こちら]をご覧ください。」

の「こちら」をクリックすれば
Excelで一覧表がダウンロードされます。

これでもできます。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/G/09/rainier/help/NoParallelImportBrands_jp_beauty.xlsx

ただ、タイミングによって
このメーカーはちょこちょこ変わるようですので
基本的に、輸入の化粧品は
契約を結んで仕入れをしない限りは
しないほうがいいですね。

●アカウント閉鎖から再開へ

そのせどらーさんは
納品していた在庫の6割くらいを
新規アカウントで再出品したそうですが
問題なく運営できているそうです。

9割以上だと
前のアカウントがばれるかもしれませんので
気をつけてくださいね^^

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年5月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Amazonについて

とりあえず、全額返金してませんか? 対応文フォーマット掲載

この記事はメルマガ読者さん限定となります。

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年3月20日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Amazonについて

自己発送で代引き設定はしないようにー

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

今日、外注さんから
自己発送の商品を送ってもらいました。

ただ、1つややこしいことがありました。

それは、自己発送なのに
代引きの設定にしてしまっていたことです。

佐川、ヤマトと代引きの契約をしていなければ
郵便局の一択になります。

郵便局で代引き発送をする時に
振込先として通帳がいります。

もちろん、外注さんですので
私の通帳なんて持ってません。

そこで、通帳の写真を送って
外注さんに印刷してもらい

ようやく、郵便局でオッケーとなりました。

代引き詐欺があったようですので
郵便局側も振込先などは少し神経質になってるようです。

自己発送で代引きは
初めてのことでしたのであたふたしましたが
基本的には
代引き伝票で送るだけではありました。

ただ、手数料なども余分に取られますし
ほんと、良いことありません。笑

ですので、自己発送の場合は
代引きとかコンビニ決済とか全部解除しておきましょう。

ややこしい!!!

です。

自己発送にした理由は
この商品なのですが 
FBAで倉庫に送れなかったんですよね。

http://mnrate.com/item/aid/B000PJZYMU

ちなみにですが、回転めちゃ悪かったです。

メルカリでも出してたのですが
全然売れず。

結局2年以上かかったと思います。

4700円で仕入れて
昨日、1万円で売れたので
利益はでたので良かったです。

あとビルメン会社さんの購入でしたので
いたずら発注ではなかったので安心しました。

半年前は6千円で売れただけですしね。

とにかく、自己発送は
設定に気をつけましょう^^

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年2月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Amazonについて

消された商品カタログの復活方法

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

先日、3年ほど前に自分でカタログ作成をして
商品登録をしていた商品を
久しぶりに仕入れて出品しようとしました。

久々でしたのでモノレートでASINコードで検索をしたのですが
でてきませんでした。。。

アマゾンでも同じくで検索してみましたが
でてきませんでした。。。

あれ?と思って
セラーセントラルから登録していた商品をクリックしてみましたが

「何かお探しですか?
申し訳ございません。入力されたウェブアドレスは当社サイトの有効なページではありません。
Amazonのトップページに戻るには、ここをクリックします。」

と出てきてしまいました。汗

商品登録画面でASINコードで検索しても
でてきません。汗

アマゾン上からは、完全に消えてしまったのか。

また、商品の登録をゼロからし直しなのか。

面倒だなーーーーーーと思ったのですが

テクサポにさっそく聞いたところ

以前、アマゾン上に存在していた商品であれば
すべての商品カタログページの復活は可能ということです。

ASINコードを伝えてもらい
復活の申請をしてもらえれば対応します。

との事でした。

一安心です。

ですので、以前出品した商品が
Amazon上から消えていそうであれば
テクニカルサポートに連絡しましょう。

ASIN検索でモノレートがでてこない場合ですが・・・

セラーセントラルの在庫ページでは
最後に設定した(販売した)価格が残っています。

ですので、それと仕入れ価格を見比べて
仕入れ判断としましょう。

関係ないですが、私が定価の半額で仕入れて
定価以上で売れた商品です。

おしいかったです。

キャラグッズの店行けば
安くであるかもしれません。

https://mnrate.com/item/aid/B074NSXFST#graph

https://mnrate.com/item/aid/B072C7RHMJ#graph

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年2月11日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Amazonについて

【新ルール?】長期保管在庫手数料で数万円の損失!?

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

半年以上保管している商品で
長期保管手数料がけっこうかかるものは、
2月15日までに廃棄するか、返送するかしておいてください!!!

保管手数料を請求されてしまいます。

FBAの販売手数料などは上げられちゃいましたが
こちらの長期保管手数料に関しては
料金が引き下げられました。

フルフィルメントセンターに6~12か月保管されている商品は
10cm x 10cm x 10cmあたり87.4285円請求されます。

もちろんですが、87万じゃないですからね。笑

フルフィルメントセンターに12か月以上保管されている商品は
ちょうぼ倍額で
10cm x 10cm x 10cmあたり174.857円請求されます。

細かいルールはこちらですが

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/help.html?itemID=200684750&language=ja-JP&ref=mpbc_200705990_cont_200684750

ま、自分が保有している商品で
長期保管手数料がかかるものだけわかればいいので

その点では、
セラーセントラルのトップページの右端の1番下に
「在庫健全化ツール」という項目があります。

長期保管手数料がかかる商品がある人は
その項目の1番下の行に

「○点の商品は、2月15日にLTFS(長期在庫保管手数料)が発生します」
と言う文章があるはずです。

それをクリックしてください。

そうすると在庫商品一覧が出てきます。
メニューバーの真ん中より少し右くらいに
「長期在庫保管手数料の見積もり」という項目があります。

それをクリックすれば、
長期在庫保管手数料がかかる商品が上から順番に表示されます。

それを見て、返送して再出品するか
保管手数料がかかってもそのまま置いておくかを決めて下さい。

ちなみに半年後の8月15日からは
また、ルールが変わるようですね。

新ルールはこちら。

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/G201411300?language=ja-JP&ref=ag_G201411300_cont_200684750

次からは365日以上保管しなければ
長期在庫保管手数料はかからないようです

ちなみに以前のルールはこちら。

在庫多い人だと在庫整理しないと
万単位で請求されてしまいます。笑

あと長期保管手数料がかかる人は、
アマゾンから通知のメールが届いてるはずですので
確認してみてください。

1週間後に請求されますので
週末中に在庫整理をしておきましょう。

ではでは^^

I love you.

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年2月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Amazonについて

このページの先頭へ