音声入力のための最高峰マイク2種類(有線USB、Bluetooth)

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

先日から音声入力でメルマガを書いていますが
音声入力で必要可決なのはマイクです。

これの性能だけで音声入力の認識が全然違ってきます。

性能が悪いものほど大きな声で話しても
認識してくれる量がとても少ないです。

音声入力を活用することで
せっかく時間短縮とエネルギー省エネをしているのに
マイク代をケチって、編集や修正で手間取っていては
結局、入力のほうがいいのかなとなりかねません。

そんなクラスターが使っている2種類のマイクを今日は紹介します。

有線のものとBluetoothのものを紹介します。

まずは有線マイク

●BlueMicrophones USBコンデンサーマイク Yeti

https://www.amazon.co.jp/dp/B007GG13OS/

私が購入した時は
アマゾンでは、並行輸入の商品しかなかった気がしますので
公式に取り扱っているネットの正規代理店から購入した記憶があります。

値段は、アマゾンといっしょ位だったと思います。

http://www.bluedesigns.jp/products/yeti/

もともとは、教材の音声収録のために購入しました。

もちろんですが、収録した音質は
とてもクリアで近くで話しているような感覚で最高級です。

このマイクが意外と音声入力にとても役立っています。

私の口元から30センチ以上離れた場所から話しているのですが
私の声を見事に拾ってくれます。

USBの有線マイクであれば間違いのない逸品です。

YouTubeなどでも
このマイクを使って音声収録をした音楽などが上がっていますので
気になる人はチェックしてみて下さい。

●【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット (モノラルイヤホンタイプ) Voyager 5240

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01N9MZRD6/

こちらのメーカーは音響機器の業界でも超一流の会社です。

そのメーカーが現在出しているBluetoothのヘッドセットで
最上位の機種を買いました。

とても小さいにもかかわらず
先程のYetiとほぼほぼ変わらないクオリティーです。

出張用でも使えると思ったので購入してみました。

スマートフォンにつなげて外で電話をする時
風が強く吹いていても風の音をさえぎり
話してる相手には、ちゃんと声だけが届くようです。

私としては、今日紹介したものよりも良いクオリティーのものがあるのかなと思う位
現段階でこの2つのマイクは気にいっています。

クラスターは比較的高い買い物をする時
ほぼほぼ外しませんし
大体他と比べても、それ以上良いパフォーマンスのものはないかなぁと言う位
優れている商品を紹介しているは自信があります。

特に企業から宣伝料をもらっているわけではありませんが。笑

もちろん紹介しているものよりも数倍価格が上のものには負けるかもしれませんが。

今日のこのメルマガは
2つ目に紹介したBluetoothヘッドセットで音声入力をしています。

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年1月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

現段階で最高峰の音声入力

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

一週間ほど前から
再び音声入力を使っているのですが
やはり、かなり進化しているのは間違いないです。

絶対に使ってくださいね。

今日も、子供のベビーカーを押しながら
音声入力で LINE をしていました。

逆に、音声入力でなければできなかったです。

先日、私は音声入力で一番使えるのは
スマホのアプリのSimejiと言ってたのですが
Simejiアプリの欠点が見つかりました。

それは、音声の聞き取り(待ち受け)の時間が
とても短いことです。

音声入力が終わって2、3秒ほどすると
自動的にストップしてしまいます。

音声入力をしながら
次に何を話そうか考えながらしていると
音声の待ち受けが既にストップしています。

これにより、常に音声入力の待ち受けが切れていないかを
とても気にしながら出さなければいけません。

音声の認識率は非常に高い
そして、何より自動で句読点が入れてくれるので

かなりもったいないですが
音声の待ち受けの短さがワタシには我慢できませんでした。

発話の度に、発話(マイク)ボタンを押す場合があったり
押さなくても良い場合があったり
頭がとても混乱してしまいます。

ただ、とても優秀な音声入力を
見つけてしまいました。

それは、意外や意外

普段使っているマックのパソコンでした。

正直なところ、

マックのパソコンの音声入力と

IPhoneのスマホの音声入力は

驚くほど違います。

IPhoneのスマホのiOSの方が
圧倒的に優れています。

そして、音声入力最高峰のSimejiアプリと
ほぼ同じくらいのクオリティーです。

それぞれがすでに凄すぎて
優劣がつけれないレベルです。

ですので、IOSの音声入力のクオリティーが
パソコンでも使えたらなと思っていたのですが
Macだったら、なんとできるのです。

マックの音声入力の設定で
「拡張音声入力を使用」

デフォルトではこれにチェックが入っているのですが
これをはずしてください。

そうするとポップアップがでてくるのですが
その時に「音声入力を有効にする」を選んでください。

Wi-Fi環境のもとでこの設定をすると
マックの音声入力の装備が
実質、iPhoneのiOSと同じになります。

入力した音声がインターネットを通して
アップル社で変換されるからです。

マックを持っている人は、
ぜひ、使ってくださいね。

本気で驚きのユーザー体験になりますよ^^

ここ4、5日は音声入力で
メルマガを書いています。

もちろん、編集、修正はパソコンでしていますが。

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年1月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

仕事中に視界に入れてはいけない、必ず持ってる○○○

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

仕事する時の視界に無駄なもの入ってませんか?

もし、たくさん無駄なものが入っていれば
できるだけ減らす努力をしましょう。

私も、事務所の座る方の机の向きを変えました。

こんな感じです。

8F276787-8AD1-462C-8A76-26788C6D71A6

前は、ミニカウンターの方に向かって
仕事をしていましたが

それよりも、真っ白な壁が目の前にある方が
だいぶ集中できるようになりました。

人間、集中する時は
できるだけ無駄なもの視界に入れない方が良いですね。

特に、現代人は
スマホ!!!!!!!!!

スマホ=誘惑装置

です。

スマホが机の上にあるだけで
誘惑に抵抗するために
有限である意志力がどんどん削ぎ落とされてしまいます。

それにより、集中力がだんだんと減ってしまいますので
気をつけてください。

スマホ、視界に入らないようにしましょう。

あ、もちろん、せどり中はスマホに集中しましょう。

このスマホが集中力を落とすことは、実験でも証明されてると
メンタリストのDaigoさんも言ってました。

Daigoさんのユーチューブ動画にでてくる
本の部屋も
本しかありませんしね。

本を読むことだけに集中できるように
なっていますね。

モノは、あっても良いですが
無駄なものであれば
置かないようにしましょう。

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2018年12月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

【習慣】最もバカにしている、最もあなたを壊す習慣

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

キーストンハビットって知っていますか?

1つの習慣が、良い連鎖を作っていく
要の習慣のことです。

このキーストンハビットは人によって違います。

筋トレ、禁酒、禁煙、早寝早起き・・・・

などなどです。

筋トレで言えば

筋トレを始めて、
体内の酸素量が多くなり
頭がすっきりして
仕事が短時間で終わるようになった。

それにより、健康について勉強をする時間ができ
ジャンクフードなども欲しいと思わなくなり
肌ツヤも良くなり、自信ができて
新しい恋人をゲット〜。

みたいなやつです。

こういうのも大事なのですが

悪魔のキーストンハビットも
しっかりと理解しておきましょう。

あなたの人生を壊していく習慣です。

その最悪の一つが

クリック(PC)、タップ(スマホ)です。

なんの罪悪感もなしにしてしまうこの行為。

もし、これらによりすべきこと、予定、精神面などが
乱れていると感じるのであれば
ほんとに、このクリック、タップが
あなたの人生を破壊していきます。

気晴らしの1クリックが
5分、10分の時間をよく浪費している。

そう少しでも感じたのであれば
もうがっつり悪魔の罠にはまってます。

今からは
絶対にやめた方が良いです。

その5分で、1本電話、メールできたのではないでしょうか?

その10分で、
すき間タスクできたのではないでしょうか?

その10分で読みたかった本、読み進められたのではないでしょうか?

意識していない、
予定していなかった
なんとなくの
クリック、タップ。

これは、自殺行為と同等。

これくらい思った方が良いです。

もし、していたら
ぜひやめてください。

パソコン、インターネットに飲み込まれないようにしてください。

このクラスターメルマガも
今来たからという理由で読むのではなくて

メルマガ、書籍など、インプットとして読む時間を1日の中に作り
その時間で読むようにしましょう。^^

良い習慣を作っていきましょう♪

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2018年11月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

パッチ処理をしよう〜雑務処理のタイミングについて

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

雑務についてですが
いちいち、その場で処理してしまっていませんか?

1分で終わるようなタスクの場合でも
緊急のような場合以外は
クラスター的には、あまりオススメしません。

特に集中している状態であればなおさらです。

集中状態は、作りだしたり、元に戻すのに
15から20分くらいかかわると言われていますからね。

ですので、思い出してしまった
やらなければいけないことは
とりあえずメモして忘れる。

そして、夜にまとめてするようにしましょう。

この処理をバッチ処理と言います。

夜は、脳が朝に比べて疲れ気味ですので
雑務をするにはちょうど良い時間帯です。

私の場合は、遅くとも寝る1時間前、
できれば1時間半前にはバッチ処理を開始します。

雑務も溜まると、30分以上かかる時もありますし

寝る直前すぎると就寝時間に近づきすぎて焦り始めてしまうので

それくがいが良い目安です。

あと、雑務処理を1日の後半に回すことで

夜までに、やらなくて良くなったり
やらなくても良いと判断できるようになりますので。

あとは、深く集中した仕事のあとは
脳はやはり疲れてます。

そのタイミングで
バッチ処理を少しするのも脳の回復には良いです。

ですので、バッチ処理のタイミングを意図的に意識して
自分の仕事をスムーズにしましょう^^

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2018年11月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

このページの先頭へ