ノートの使い方でもっとも重要なこと

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

昨日は、手帳の使い方の変更点について紹介しましたが
今日は、クラスターのノートの使い方の変更点をお伝えします。

今までは、B5リング式(ルーズリーフ)の
メインノートだけを使ってました。

ここに、1ヶ月先くらいまで
使うであろうものを、すべて入れ込んでいました。

現在、進行中のプロジェクトや
プライベート(家族)のことまで。

私としては
このノートに現在のすべてが集約されているという

楽さ

安心感があったのですが

これがダメでした。

いろんなものを詰め込みすぎて・・・・・・

ノート自体が

ちょっと重い。

ちょっとページ数が多い。

このちょっと

悪の根幹ですね。

次第にこのメインノートを開くのが
だんだんと、おっくうになってくるのです。汗

毎回、ノートを開くたびに

ちょっとした辞書を開く感覚ですね。

探したいページに行くにも
なんかワンクッションあるんです。

昨日の記事でも書いたように

http://sedori-biz.jp/?p=5074

やっぱり手帳もノートも
もっとも重要なのは

軽さ

開きやすさ

めくりやすさ

です。

とにかく
ライトになでもできる感じですね。

だから、

とりあえず

1週間先以内に使うであろう直近ノート

1ヶ月先くらいに使う可能性がある資料があるメインノート

の2つに分けることにしました。

メインノートも一応持ち運びますが

基本的に使うのは直近ノートだけです。

空軍とかで例えるとわかると思うのですが

航空母艦があって

そこから、身軽な戦闘機が飛んで行きますよね。

メインノートと直近ノートは
そんな関係です。

ノートだけじゃなくて

資料整理

書棚の整理

も一緒ですね。

クリアフォルダーに資料が多いなと思ったら
ちょっと分ける。

とにかく、ライトにする。

すごい大事だなと思います。

手帳やノートの使い方
改善に改善をかさねてきましがた

これで7割くらい完成してきた気がします。

ではでは^^

◆今日の名言
時間をいかに効率よく、有意義に使うかを考えれば、
「すべきこと」だけでなく
「すべきでないこと」を決める大切さがわかる

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2018年3月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

手帳と時間管理でもっとも重要なこと

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

手帳を変えました。

1月に変えたばっかなのですが、笑

お恥ずかしいですがあえて暴露しちゃいます。

今から1年以内に手帳を変えたのは
これで4回目くらいだと思います。笑

手帳コレクターです。笑

ただ、あえて暴露したのは
それくらい「なんか違う」と思った時は
すぐに変えた方が良いですよ。

ということです。

いろいろとめぐりめぐって
私が一番合ってたのは

手帳に関しては
リング式ではなくて
パッド式のでもなくて

綴じタイプのやつでした。

結局

シンプル イズ ベスト

です。

手帳(ノート)で、一番大事だなって思ったのは

開けやすさ。

軽さ。

めくりやすさ。

ですね。

これが、ないと絶対ダメだなと思いました。

ノートや、デスクトップパソコンを開けるよりも

タブレットパソコンの方が触ろうとしませんか?

そういうことだと思います。

で、タスクに関してもいろいろと改善しました。

・集中タスクと非集中タスクを交互にする
・かなりざっくりとプランする
 午前、午後、夜の部に分けてシンプルに考える。
・見積もり時間はわざと多めに取り
 残った時間で短時間タスクをする。

などですね。

これで、だいぶ変わっていくと思います。

手帳は、2部構成にしました。

A5サイズのレフト式です。

買ったのは手帳の高橋の
http://www.takahashishoten.co.jp/notebook/31880.html

ですが、すでにキャンパスノートに変える予定です。笑
5冊目です。

左側で、ざっくりとプランします。
この右側に、ウィークリーのタスクを書きます。

DEE16CD6-BEC2-4BA1-956F-436B893836CF

ただ、この見開きだけでは絶対足りないので
この手帳にB6ノートを挟んで
1日のスケジュールなどを書き込みます。

CFDB68AB-A0A5-4E11-92EC-1F1E63C7DC2B

今まではしっかりと時間のメモリがある
デイリーシートしか嫌だったのですが

メモリあったところで
それ通りにいかないことが9割以上。笑

時間管理を細かくすること自体がナンセンスだということに気づきました。

ですので、午前、午後、夜、だいたいこれしよう。

くらいで予定を決めていくことにしました。

左側に予定を書き
右側がメモ欄ですね。

レポートパッドのように右側に線が引いてあって
めちゃ使いやすいです。

http://unitedbees-store.jp/SHOP/NOTE-B6F-15.html

まだまだ、セルフマネジメント改善途中なので
また報告します^^

◆今日の名言
自然体でいることが、余裕や自信の裏返し

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2018年3月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

クラシックでゆる〜く仕事をしよう〜。

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

最近、仕事をしながら
クラシックを聴いています。

私は、耳から少しでも音が入るとすごい気になってしまって、
そっちの方に意識が向かってしまうタイプなのですが
そんな、私でも心地よく仕事しています。

とてもオススメです。

特に、クラスターのように
PCに向かうことが多い人は。

身体がかたくなりがちのはずです。

整体院でも、
身体の筋肉が固すぎます。

って、毎度言われます。

私は、仕事でパソコン前にいる時

呼吸も浅くなりがちで
視線の範囲もせまくなってしまいます。汗

無駄に、必要以上に集中状態を続けてしまうからです。

やっぱり、オンとオフのリズムが大事です。

クラッシックって聞くと副交感神経が優位になって
α波がでるって言われてるのが
ちょっとわかる気がしました。

わかりやすく言うとリラックスできるということです。

特に、モーツァルトが良いって言われますよね。
バッハも同じくですが。

特に、弦楽器は良いようですね。

https://www.youtube.com/watch?v=YLSCiUIFcLc

ヴァイオリンでモーツァルトをひく、この女性有名みたいです。

ピアノ版

あと、最後にベスト版!!

ぜひぜひ、活用してみてくださーい^^

モーツァルトは、睡眠、胎教、病気の治癒など
色々と効果があるみたいですね。

私も、予想以上の効果を感じています^^

とりあえず、聞いてるだけで中世の宮殿にいるような感じがして
優雅な気持ちになります。笑

それだけでも、脳に良い刺激がいくはずです。

◆今日の名言
みんながテレビや出版物で見たいものとネットで見たいものは、
本質的には何も変わらないのです。

そればかりか能動的にアクセスし、
クリックひとつで飛んでいけるネットの世界では、
既存のメディア以上に凡庸なものは見向きもされない

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2018年3月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

アパレルもリサーチ力

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

先日、本屋で一瞬立ち読みした時に
面白いコメントがあったので紹介します。

滝沢直己さんという方の書籍でした。

ファッションに詳しい人であれば知ってるかもしれません。

イッセイ ミヤケさんのトップデザイナーとして
10年以上ディレクションをし

独立後は、ユニクロのプロジェクトも手がけている
ファッションデザイン界の重鎮です。

マス(ユニクロ)とマクロ(イッセイミヤケ)の
対極のブランドビジネスを経験した彼は

1億人に売るのも、1人に売るのも

同じことだ。

と語っていました。

とても印象的だった言葉は

リサーチ7割
応用3割

という言葉でした。

アパレルのデザインと言うと

てっきり感性勝負!!

センスが全て。

そんなイメージだったのですが
彼の仕事の仕方は違いました。

とにかく、リサーチだ!!!!!

ということです。

私たちがいるネットビジネスマンみたいなことを言うなと
不思議な感じでした。

襟だけをとっても

なぜ、この太さなのか
なぜ、この長さなのか
なぜ、位置はここにないとダメなのか。

それをいちいち説明できないとダメ。

なんとなくでデザインして
説明できないようでは意味がない。

とのことです。

やはり、売れる服というのは
そこまで考えて作られてるんだなぁと

ただただ感心しました。

服屋に行った時

あとここがもうちょっとこうだったら買うのになぁ。

みたいなことけっこうないですか?

その服は、もしかすると感性だけでデザインされてしまったのかもしれませんね。

何が言いたかったかと言うと

ビジネスは、結局リサーチ、リサーチ、リサーチ。

どの業界でも例外なくなんだなぁということを感じました。

私たちが、しているネット物販。

これもリサーチ、リサーチ、リサーチ。

私たちが日々しているリサーチは

一生ものの、とても大切なスキルであるということを理解したうえで
リサーチすると、きっといつも以上に気合が入ると思いますよ。

◆今日の名言
リーダーになると、成功とは「他人を成長させること」になる

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2018年2月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

仕事は、 綺麗にしないこと!

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

すべてを完璧にしようとしていませんか?

そうであれば、今すぐそんな
アホみたいな思考は捨ててしまいましょう。

それは、理想ではありますが
そもそも不可能であり、自己満足であり
そして、罪でもあります。

あなたの仕事は結果を出すことです。

その視点からすると
全てを完璧にするということは
物理的に不可能です。

だから、大雑把なところは大雑把で良いですよ。

綺麗に仕事していけることなんて
まぁ、ないでしょう。

妄想です。

だから、必要以上に完成度を少しあげるためだけに
無駄な時間を費やすのは辞めましょう。

いっそのこと
そのタスク自体を辞めてしまいましょう。

本当に重要な2割のタスクでなければ。

あなたは、

大企業の仕事をしている訳ではありません。

Macのpcを作っているわけではありません。

仕事を美しくするアーティストではありません。
(学生時代、ノートを綺麗にすることに集中して
 テストの点数悪い人いましたよね。)

ほとんど全てを一人でしているのですから

抜くところは思いっきり手を抜きましょう。

完璧にしようとしない!!!

そして、ポイントは抑える。

そして、自分が100点と思う
6割くらいの完成度で良い。

どうせ、日本人は真面目なので
それでも7割くらいの完成度になるでしょう。

スピードを上げるためには
完璧にしない!

スピード上げないと
仕事になっていきませんので。

◆今日の名言
一番大切なのは、
自分たちがやっているビジネスの目的が
ハッキリしていることです

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2018年1月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

このページの先頭へ