初心者からネット起業を目指す人のための超熱血ブログ。フリーター暦5年、社会人経験無しの負け犬がネット物販(せどり)でゼロから月商200万越え!ネット物販は、稼げない方が難しいです。一年前の私のように、人生がけっぷちの方を本気で支援します!

クラスターの新著・令和版せどりバイブルはこちらをクリック!

中古の付属品欠品の返品の補填を100%の確率でしてもらう方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
せどりノウハウ作家♂業界で唯一せどりの本を二冊出版、店舗&電脳の両ノウハウを提供【好き】→妻、2人の息子、父、母、兄。自重筋トレ、宇宙と交信、お笑い、Youtube。大阪市出身、神奈川県川崎市在住の35才♂
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

先日、
セラーフォーラムを活用しよう&中古は100%補填?
https://wp.me/pbm3Ak-2h6

という記事を書きましたが

「100%補填の方法」について読者さんから
複数問い合わせが
ありましたのでシェアします。

この出品者さんは、これまでに中古で100件ほど
100%の確率で補填してもらってるようです。

補填額は、一律2500円のようですが
あるとないではだいぶ違いますよね。

ちなみに、「中古商品で付属品が欠品で戻ってきた場合」
の補填が100%です。
では、下記の方法となります。

●事前準備
中古の出品画像は、元となる高解像度の画像と
検品時の画像を必ずSKU毎に
ローカル(パソコン)へ保存しておきます。

商品写真は付属品全体を捉えた画像と
その付属品が何か分かるようにな別の画像も撮影します。

個別に型番や識別コードなどが明記されている場合は、
それららの情報も控えておきます。

商品説明文には、付属品について
何が付属しているかをすべて書くようにしています。

●お客様から返品された商品に欠品があったら・・・

・返送時のAmazonの梱包状態の写真
・外箱開封後の写真
・中に入っているリターンコードのバーコードのシールの写真
・返品書(商品名が書かれた感熱紙)と一緒に
 シュリンクに巻かれた商品全体の写真を撮影。

・シュリンクをあけ、中の商品を部品ごとにならべて撮影。
上記5種類の画像を撮影します。

そして、納品前の写真と、返品後の写真を
それぞれアマゾンへのメールに添付します。
何が不足して返品されてきたのかもメールに記載して送信します。

以上です。

面倒な部分もあるかもしれませんが
物販していれば必ず返品ありますので
参考にしてみてください^^

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

この記事を書いている人 - WRITER -
せどりノウハウ作家♂業界で唯一せどりの本を二冊出版、店舗&電脳の両ノウハウを提供【好き】→妻、2人の息子、父、母、兄。自重筋トレ、宇宙と交信、お笑い、Youtube。大阪市出身、神奈川県川崎市在住の35才♂
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です