Amazonセラーセントラル 2段階認証をしましたか?

SSF4-blog-stamp-best

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

Amazonのアカウント乗っ取り問題が
社会問題にまで発展していますね。

ネットニュース、ワイドショーにまで
取り上げられていますね。

確かに、商品検索をしていても
安すぎる価格のものが驚くほど多いですよね。

Amazon側も、

その出品者が本当にその値段で出品をしているのか?

もしくは、詐欺なのか?

そんな判断ですら難しいと思うので
色々と大変だなと思ってしまいます。

昨日は、とあるせどらーNさんと
会ってたのですが

「クラスターさん アマゾン2段階認証していますか?
 ほんとにやばいですよ!」

その人のスマホを見せてもらったのですが

携帯のSMS(ショートメッセージ)で
たった1日で4通も・・・・・

アマゾンから2段階認証の通知が来ていました。

要するに、詐欺集団がNさんのアマゾンアカウントを
1日で4回も乗っ取ろうとした。

ということです。

さすがにビビりましたね。

こんな身近にまで
脅威が迫っていたとは思いませんでした。

2段階認証の設定?

面倒だな〜と思ってしてませんでしたが
慌ててしました。

10分もかかりませんでしたし
全然簡単ですので必ずやっておくべきですね。

今ならセラーセントラルの新着情報に載ってますよ。

案内を貼り付けておきますね。

新着情報

[重要]2段階認証のご利用のお願い

2017/04/28

皆様のアカウントのさらなるセキュリティ強化のため、2段階認証をご利用いただきたく、お願い申し上げます。

2段階認証を使って今までログインしたことのない端末からログインをすると、登録されている電話番号または指定された認証アプリにコードが送信され、そのコードとパスワードを入力することで、その端末からのログインが可能になります。なお、2回目以降にその端末からログインする際は、コードの入力を省略することもできます。この機能をご利用になると、万が一パスワードが不正に利用された場合でもアカウントは保護されます。

SSF4-blog-stamp-best

■ 2段階認証設定の手順
1. セラーセントラル右上の「設定」より「ログイン設定」にアクセス
2. ログインする
3. 「高度なセキュリティの設定」で「編集」をクリック、「設定を開始」をクリック
4. コードの受け取り方法として「テキストメッセージ(SMS)」か「認証アプリ(Google認証システム、Microsoft Authenticator等をアプリストアでダウンロード)」のいずれかを選択
 ・ 「テキストメッセージ(SMS)」の場合、電話番号を入力
 ・ 「認証アプリ」の場合、QRコードをスキャン
5. 電話番号に送信されたコード、または認証アプリによって生成されたコードを入力した後、「コードを確認して続行」をクリック
6. 次の画面で、登録の電話番号にアクセスできなくなった場合のバックアップ手段を設定します。下記のいずれかを行ってください。
 ・バックアップの電話番号を追加して、コードの受信方法を選択する(テキストメッセージまたは音声電話)。
 ・認証アプリをダウンロードする。登録の電話番号でコードを受信できない場合に、セキュリティコードを生成できるようになります。

設定方法について詳細のヘルプページはこちらです。
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/202110760/ref=sc_170418

セキュリティ強化のため、2段階認証をご利用いただけますよう、お願い申し上げます。

ご質問等ございましたら、テクニカルサポートまでご連絡ください。
今後ともAmazon出品サービスをよろしくお願いいたします。

Amazon出品サービス

ちなみに、私の親族で安い商品を買って届かないという
実際に被害にあってしまった人もいました。

気をつけましょうね〜^^

ではでは^^

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

SSF4-blog-stamp-best

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2017年4月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Amazonについて

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ