ace./エース EVL-3.0 最強ビジネスバッグ紹介

SSF4-blog-stamp-best

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

先月、クラスターのカバンの中身を公開しましたが

http://sedori-biz.jp/?p=4340

そもそも、カンバ自体を見せてくれ!

という問い合わせもあったので
紹介します。

なんか、分からないけど
恥ずかしいです。

では、今日のタイトルで言っちゃってるのですが

ace.というメーカーの
EVL-3.0というシリーズのカバンです。

私のカバンは

こちら!!!

http://store.ace.jp/shop/g/g59516-01/

このメーカーは
創業から半世紀以上経ってる老舗で
ロフトや東急ハンズでは必ず取り扱ってるので
知ってる人も多いかもしれません。

国内で初めて
ナイロン生地でバッグを作り

軽いのに丈夫で、汚れもすぐ落ちる!!

とのことで

日本のカバン業界に大革命を起こしたメーカーさんです。

私が重視したのは

●3WAY
 基本リュックスタイルで手ぶらで移動したい。

●シンプルでずっと使い続けられるデザイン
海外取引をするときになっても
持ってて恥ずかしくない世界スタンダードのデザイン。

オバマさんも、TUMIの真っ黒なブリーフケースを
常に持ってたので黒色は問題ないようです。

●大容量
普段の荷物にさらに着替えがくらいが入る程度の大きさは欲しい。

1泊くらいの旅行や出張の時もこのカバンで行けますし
買い物した時もよっぽど大荷物にならなければ
だいたいカバンに入れれます。

これが超超超便利!!

こんな感じで選びました。

逆に言えば
これに当てはまるのは
エースさんしか出してませんでした。

この条件に近いカバンを出しているのは
他にはマンハッタンパッセージさんくらいでしょうかね。
このメーカーはかなり軽量にこだわっています。

おなじみ、吉田カバンさんに関しては
今回選んだのと似たようなスペックのカバンは
あるかもしれませんが
日本のほとんどの?ビジネスマンが使っているので
逆に違和感があり
私の中では選択肢に入ってません。

私のカバンの良いところを
先ほど言ったの以外で言うと

●エキスパンダブル機能

カバンの容量によって
カバンの大きさを変えられる機能です。

チャックを回すと
5、6cmカバンの幅が広がります。

これで、だいぶカバンの大きさが変わります。

このカバンの一番の機能だと思います。

●手持ちの時に使うハンドルがカバンの中にしまえるので
 リュックで歩く時に手を振っても当たらない。

SSF4-blog-stamp-best

 こんな機能があるカバンはEVLシリーズくらいだと思います。

●ハンドルの2つが相互で食い込むような形になってるので
 カバンを持つときは1本の棒をもってるような感覚で
 軽く感じます。

 これも超絶に感動します。

●荷物を入れる箇所が合計で4箇所ある。チャックで開く部分。

IMG_1942

●カバンの中の小分けできるポケットも少なくない。

IMG_1943

IMG_1944

IMG_1947

IMG_1946

●クオリティーが半端なく良く超頑丈。
 しかも、直営店で買うと5年保証してくれます。

ちなみにリュックスタイルの場合は
絶対にチェストベルト(別売り)をつけた方が良いですね。

感じる重さが全然違います。

ビジネスバッグとしては
価格は高めの部類かもしれませんが
十分に価値がありますので
お得な買い物をしたなと思っています。

ほんとに文句がないくらい
素晴らしすぎるカバンです。

って、こうやって書いても伝わらないと思うので
ぜひ、直接手にとって見て欲しいです^^

正直、TUMIと同じ価格帯でも買っちゃいます。

aceさんは、他にもいろんなカバン出してますので
おすすめです^^

◆今日の名言
人間として守らなければならないことは、
親がいつも率先してお手本を示しながら、
子どもにも守らせること。

理屈でなく行動で教えること

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

SSF4-blog-stamp-best

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2017年8月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ