初心者からネット起業を目指す人のための超熱血ブログ。フリーター暦5年、社会人経験無しの負け犬がネット物販(せどり)でゼロから月商200万越え!ネット物販は、稼げない方が難しいです。一年前の私のように、人生がけっぷちの方を本気で支援します!

中田敦彦さんのYoutube大学で書籍紹介されました。書籍特典は▶︎▶︎こちらをクリック

こんな熱い人に久々に出逢った☆・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・☆

 
この記事を書いている人 - WRITER -
せどりノウハウ作家♂業界で唯一せどりの本を二冊出版、店舗&電脳の両ノウハウを提供【好き】→妻、2人の息子、父、母、兄。自重筋トレ、宇宙と交信、お笑い、Youtube。大阪市出身、神奈川県川崎市在住の35才♂
詳しいプロフィールはこちら

悲しい時ぃ~

女性の足に
交尾しようとしている犬を見た時ぃ~

なんか悲しい時ぃ・・・・・・・

可愛さが一気に半減します。

こんばんは

ビジネス誌で噂のクラスター長谷川です。

私、クラスターの師匠(いとふじさん)の
師匠と初めて先週末出逢った時の話をします。

それは、地雷屋さんです!!!

http://neetbusiness.blog70.fc2.com/

ずっと前から一度お逢いして話したい
と思ってましたが
とうとうその夢が叶いました!!!!!!!!!

「こんばんは!!
いとふじさんの弟子のクラスターです!」

と挨拶したら

ノンストップで最近はまっている本の
熱い哲学を語ってくれました。

それは、日本人初のプロ格闘ゲーマー

梅原 大吾さんの本です。

初めは、プロ格闘ゲーマー??

何じゃそりゃ??
という感じでした。

ただ、話を聞いてるうちに
その哲学の本質の凄さに
話に引き込まれてしまいました。

アマゾンレビューを読んでも
彼の本が、並の本ではない事が分かると思います。

勝ち続ける意志力

やはり、パイオニアであったり
世界一って人はどの世界でも

哲学が超一流です。

全ての人の人生に通じる熱い哲学を
地雷屋さんのフィルターを通して
語ってくれましたので

アウトプットします!!!!!!

まずは

勝つ事と
勝ち続ける事は全然違う。

という話です。

ビジネス界でも、
最短最速で稼いだ男!!!
と、でてくる人が多いですが

最短最速で駆け上がり
最短最速で消えて行く人も多数いますよね。笑

それでは、意味が無いですよね。

一夜漬けの成功なんて意味が無い。

一夜漬けで成功したペラペラなノウ・ハウなんて
誰もができるし、すぐにライバルに後を追ってこられます。

勝ち続けなきゃ意味が無い。

勝ち続けるためには
勝つ事を目的としてはいけない・・・・・・・・・

では、何を目的にすれば良いのでしょうか??

それは、

成長する事を目的とする事です。

成長するためには、
その途中で1度や2度くらい負けてしまっても

問題ではないんです。

それよりも目の前の勝ちだけにこだわり
小手先のテクニックだけで
その場その場を勝とうとする事が
危険だという事です。

それで1度や2度
勝つ事はできるでしょう。

でも、ずっと勝ち続ける事は
できません。

ペラペラのテクニックで固めても
負ける日は絶対やってきます。

だから、基本の基盤をまずはガッチリと固め
応用を効かせて常に新しい手法に挑み
自分を成長させていく事です。

同じ所にい続ける事は
腐っていく事です。

勝ち続けるためには
勝てる現在の手法を捨て続ける事です!!!

それが成長していくということです。

でも、人間だから
目の前の勝負だけでも
やっぱり勝ちたい!!!!

って思いますよね。

だから、全ての事を
実験って思えば良いんです。

勝負って思うから、
「成長」ではなく
「勝ち」にこだわってしまうのです。

実験だったら、次に活かせば良い。

実験、実験、実験、

ひたすらトライ&エラーの繰り返しです。

気が付くとしっかりと土台のある
実力がついてることでしょう。

「勝ち」も「負け」も存在しない。

成長し続ける事に
意識を注ぐのです!!!

次は

10年間続けられる努力をする事!!!!
が大事。

という話です。

ネットビジネスのメンターや、
他のビジネス書でも

寝ずにしろ!!!!

倒れるまでしろ!!

とか、日本古来の根性論を未だに
耳にしますが

そういうのって、結局続けられない。

反動で辞めてしまう。

辞めれば全てが終わりです。

だから、努力でも
続けられる努力をしろ!!!

という事です。

要するに10年続けられる努力ってのは
一生続けられる努力・・・・

という事ですね♪

このプロゲーマーの梅原さんも
格闘ゲームのトーナメントのために
もう、死ぬほど練習したと
吐くほど練習したと・・・・・・・・・・・・・・

で、やっぱり反動で何度かゲームを
辞めてしまったそうです。

だから、無理をするのではなく
一歩一歩ただただ積み上げていく。

ちょっと意識してると続けられるけど
意識してないと続けられない。

そんなくらいの努力が丁度良い。

意識をガチガチにずっとし続けないといけない努力
(ふとした時に精神的にやめてしまわなければいけないような努力)
はしてはいけない。

継続は力なりって言いますもんね。
だから、ただひたすらに続ける事です♪

継続しなければ
成長が止まってしまいます。

一番大切なのは成長し続ける事ですので。

※基準の低い努力をし続けるという意味ではありません。

そして、人からの評価のされる良いタイミングについても
熱く語ってくれました!!!

格闘ゲーム大会で3連覇成し遂げた梅原さんに
そのプレッシャーは、半端無かったようです。

勝ち続けなければいけないというプレッシャー
評価されなければいけないというプレッシャー
期待されるプレッシャー

そういう事であまりにも重いプレッシャーを背負い
いつしか自分の思うプレーが
できなくなってたようです。

勝負に勝ってはいけないということではなく、
最悪なのは、しっかりとした基本がないのに
ペラペラな小手先テクニックで
たまたま勝っちゃう事です。

そういう状態で評価され始めると
負けるのが怖くなり
小手先のテクニックを使い続けます。

それで勝ち続けなければいけませんが
それは絶対不可能です。

だから、初めから基本を徐々に積み上げていき
気がつかないうちに実力がある状態になり

周りからは

あいつって凄い実力あるよね??
そろそろ評価されても良くね??

って言われるくらいで
評価され始めるのが丁度良いようです。

その時の自分であれば勝負に勝ち始めても
実力もあるので周りのプレッシャーにも
押しつぶされることなく

自分の実力を試せ続ける勝負ができるでしょう。

そう、全ては

成長し続ける事が何よりも大事なのです!!!!!

というような熱いプロゲーマー梅原論を
地雷屋さんに語って頂きました。

正直・・・・・・・・

こんな純粋な熱い人いるんだ!!
って驚きました。

見ず知らずの初対面の私に
親切に惜しみなく語ってくれました。

地雷屋さんにとってみれば
私ではなく他の方と話した方が
メリットがあったはずです。

それでも、目の前にいる人を大切にする
地雷屋さんに男として惚れてしまいました。

感謝に尽きます!!!!!

ありがとうございます。

そして、この本はタダモノではなさそうですので
さっそくAmazonで購入しました。

これだ♪

20131218_230514

勝ち続ける意志力

勝負論

とりあえず、熱すぎたので実際読んだ後に
またレビュー書きたいと思います♪

とりあえず梅原論はここまで。
☆・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・☆

他の事も語って頂きましたが

今日はここまで♪

メール返信遅くなってて
ごめんなさい。汗

順次しておりますので~。

今日のメルマガ
かなりアチチだったと思うので

熱い感想待ってるぜ~~☆彡

workman-hasegawa@live.jp

☆新年会のお知らせ

来年1月11日土曜日の夜に
初めてメルマガ読者さんを交えての
懇親会(新年会)をしたいと思います!!!

クラスターの懇親会は
基本的にチーム生限定にしてるのですが

来年1発目だけ特別にメルマガ読者さんにも
開放します!!!!!!!!!!!!!!

みんなで一年の初めに
楽しく語り合いましょう♪

参加希望の方は
こちらに登録して下さい!!!
詳細をお送りします♪

http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=20140111

※振込完了で正式登録ですので
お気軽に♪

今日の記事も熱かったぜ!!!!という方は
応援クリックお願いします\(^o^)/
http://blog.with2.net/link.php?1467095

では、今日もコンビニに寄る感じで
感想・意見超お気軽に送って下さい^0^

https://sedori-biz.jp/otoiawase

家電せどりであなたを救うブログ by クラスター長谷川

この記事を書いている人 - WRITER -
せどりノウハウ作家♂業界で唯一せどりの本を二冊出版、店舗&電脳の両ノウハウを提供【好き】→妻、2人の息子、父、母、兄。自重筋トレ、宇宙と交信、お笑い、Youtube。大阪市出身、神奈川県川崎市在住の35才♂
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

   

Copyright© せどりノウハウ作家・クラスター長谷川公式ブログ , 2013 All Rights Reserved.