初心者からネット起業を目指す人のための超熱血ブログ。フリーター暦5年、社会人経験無しの負け犬がネット物販(せどり)でゼロから月商200万越え!ネット物販は、稼げない方が難しいです。一年前の私のように、人生がけっぷちの方を本気で支援します!

中田敦彦さんのYoutube大学で書籍紹介されました。書籍特典は▶︎▶︎こちらをクリック

価格が一直線の場合の仕入れ判断方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
せどりノウハウ作家♂業界で唯一せどりの本を二冊出版、店舗&電脳の両ノウハウを提供【好き】→妻、2人の息子、父、母、兄。自重筋トレ、宇宙と交信、お笑い、Youtube。大阪市出身、神奈川県川崎市在住の35才♂
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

Amazonの商品(Keepaグラフ)で販売価格が変わると
基本的に売れたと判断することができますよね。

理由は、違う出品者に販売が入れ替わることで
価格が上がったりするからです。

では、価格が一定の場合は
ずっと売れてないのでしょうか?

答えは・・・・・

NOです。

こちらのグラフを見てみてください。

8月から1月にかけて
中古の最安値がずっと一緒ですよね。

ただ、10月からは完全に出品者が一人です。

ランキンググラフが何回か下に下がっているのに
価格はずっと2480円です。

ただ、これもコンディションマークをクリックして
情報の詳細を見れば分かります。

この場合は、「良い」のコンディションですので
茶色い三角になりますね。

そうすると右のグラフの上にStock was(赤枠部分)と表示がされます。

これは、文字通り在庫数です。

ここを時系列でクリックしていって
在庫数を見れば売れたかどうか判断しやすいです。

在庫数は11月は2、12月は3、1月は1でした。

ランキンググラフの波は単独出品の時は4回動いてますので
4回は売れてますね。

ですので、もしかしたら5、6個売れてる可能性もあります。

Primeマークがついていますので、基本的にはFBA在庫のはずです。
(自己発送Primeもありますが、確率は低いです。)

このように「stock was」で
在庫数の変動をチェックするのも
仕入れ判断時の戦略の1つです^^

では^^

この記事を書いている人 - WRITER -
せどりノウハウ作家♂業界で唯一せどりの本を二冊出版、店舗&電脳の両ノウハウを提供【好き】→妻、2人の息子、父、母、兄。自重筋トレ、宇宙と交信、お笑い、Youtube。大阪市出身、神奈川県川崎市在住の35才♂
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

   

Copyright© せどりノウハウ作家・クラスター長谷川公式ブログ , 2022 All Rights Reserved.