初心者からネット起業を目指す人のための超熱血ブログ。フリーター暦5年、社会人経験無しの負け犬がネット物販(せどり)でゼロから月商200万越え!ネット物販は、稼げない方が難しいです。一年前の私のように、人生がけっぷちの方を本気で支援します!

中田敦彦さんのYoutube大学で書籍紹介されました。書籍特典は▶︎▶︎こちらをクリック

Keepa最安値グラフor出品者詳細グラフ、どっちのデータが正しい?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
せどりノウハウ作家♂業界で唯一せどりの本を二冊出版、店舗&電脳の両ノウハウを提供【好き】→妻、2人の息子、父、母、兄。自重筋トレ、宇宙と交信、お笑い、Youtube。大阪市出身、神奈川県川崎市在住の35才♂
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

先日、自分が売れた商品をチェックしている時に
気づいたことがありました。

それは・・・・・

Keepaの最安値グラフと

コンディションアイコンをクリックした時にでる
出品者の詳細グラフに誤差がありました。

まずは、こちらを見てみてください。

Keepaの最安値グラフでは、最後3200円にした瞬間
グラフが切れています。

そして、出品者の詳細グラフはこちら

3600円のデータが最後になっています。

このグラフ、どちらが正しいかというと・・・・・
Keepaの最安値グラフです。

データが存在している場合が正しい時もあれば
データが存在していないのに、存在してしまっている場合もありますので

ケースバイケースで経験値が必要にはなりますが
今回のケースは下記の説明を考えると納得しやすいです。

新品が、3800円でしたので
さすがにほぼ新品で3600円は高かったのでしょう。

ただ、3200円にした瞬間売れました。

そのように予測の判断をしましょう。

参考にしてみてください^^

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

この記事を書いている人 - WRITER -
せどりノウハウ作家♂業界で唯一せどりの本を二冊出版、店舗&電脳の両ノウハウを提供【好き】→妻、2人の息子、父、母、兄。自重筋トレ、宇宙と交信、お笑い、Youtube。大阪市出身、神奈川県川崎市在住の35才♂
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

   

Copyright© せどりノウハウ作家・クラスター長谷川公式ブログ , 2021 All Rights Reserved.