初心者からネット起業を目指す人のための超熱血ブログ。フリーター暦5年、社会人経験無しの負け犬がネット物販(せどり)でゼロから月商200万越え!ネット物販は、稼げない方が難しいです。一年前の私のように、人生がけっぷちの方を本気で支援します!

クラスターの新著・令和版せどりバイブルはこちらをクリック!

Keepa最安値は、送料含んでる?デルタトレーサーは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
せどりノウハウ作家♂業界で唯一せどりの本を二冊出版、店舗&電脳の両ノウハウを提供【好き】→妻、2人の息子、父、母、兄。自重筋トレ、宇宙と交信、お笑い、Youtube。大阪市出身、神奈川県川崎市在住の35才♂
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

今日は、勘違いしてしまうグラフの事例をお伝えします。

それは・・・・・

Keepaグラフの最安値の線は送料を含んでいない

ということです。

こちらを見てみてください。

新品の最安値が600円になっています。

しかし、新品最安値の600円は
送料が500円で合計1100円します。

また、送料を含めた新品商品の最安値は
商品代金1000円で送料無料の商品となります。

グラフの上の「新2」¥1000
となっているのでわかると思います。

ですので、グラフで最安値600円と表示されてあるものは
実際の最安値ではありません。

また、この商品の本当の最安値の1000円は
グラフ上にはデータとして存在しません。

この商品の場合は送料が高額ではありませんが
中には送料だけで1000円以上の場合もあります。

そうなると最安値のグラフの線だけでは
仕入れが判断できない場合もあるということです。

たまにあるケースですので
覚えておきましょう^^

デルタトレーサーの場合は
送料を含んだ最安値が表示されているようです^^

参考にしてみてください^^

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

この記事を書いている人 - WRITER -
せどりノウハウ作家♂業界で唯一せどりの本を二冊出版、店舗&電脳の両ノウハウを提供【好き】→妻、2人の息子、父、母、兄。自重筋トレ、宇宙と交信、お笑い、Youtube。大阪市出身、神奈川県川崎市在住の35才♂
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です