才能が爆発する状態を武尊さんから分析してみた。

SSF4-blog-stamp-best

こんばんは^0^

せどり界で一番マスコミにでている
クラスター長谷川です。

先日、新生K−1が旗揚げされましたね。

私も、小さい頃から大学生まで
趣味程度に空手をしていたので
格闘技のニュースはやっぱりちょいちょいチェックしちゃいます。

残念ながら
地上波では放映してなかったので
見れないと思ってたら

ヨウツベさんでアップされていました。

久々に見て結構しびれました。

ヨウツベさん様様です。

武尊vs小澤海斗

しびれませんか?

これ見てちょっと武尊さんを
ググっちゃいましたね。

で、今後数年間この人って絶対王者になるんじゃないかな。

なんて思っちゃいました。

マサトさんも十分、強かったですけど
絶対王者と言う感じではなかったので

色んな意味でマサトさんを超える伝説を
作っていくのかなって感じました。

自分は、マサトさん
めっちゃ好きだったんですけど。

武尊さんがマサトさんを超えるかな?と思うのは
誰にも勝てない才能が爆発するものを
彼は持っているからです。

それは、努力ではなく・・・・・・・・・・

それに関するす べ て に

好き(興味がある)

という気持ちを持っている。

これが一番才能が爆発する状態です。

殴り合いが好きなのが
半端ないんだなぁ〜ってのが
ヨウツベからでも自分にはビンビンに伝わってきました。

めっちゃ楽しそうじゃないですか?

全ラウンド、小澤選手より
ポイント取れてたと思いますけど
試合自体はめっちゃ苦しかったと思うんですよ。

でも、楽しそうだなぁ〜って。

K−1全盛期のレイセフォーも
試合中笑ってましたけど、彼より楽しそう。

レイセフォーはダメージもらった時ほど笑ってて
結構苦しい感じも伝わってきましたからね。笑

ウィキペディア見ると

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%B0%8A

「気分がハイになったら
 殴るのも殴られるのも好きで自然と笑顔になる」

って彼の名言があります。

殴られたら普通痛いですけどね
その痛みの部分ですら
武尊さんにとっては
負のエネルギーにならない。

SSF4-blog-stamp-best

むしろ負ですら
武尊さんにとっては
がんがんプラスのエネルギーになっちゃう。

何があっても良い方にしか転ばない。

最強ですよね。笑

それくらいの

好き

の気持ちがあると。

そして、その気持ちが
世界一になるんだなぁ〜って。

好きだから
モチベーションもお金じゃない。

これもすんごい大事です。

お金見ている人と
仕事そのものを愛している人は
結果が違ってきますからね。

もちろん、ビジネスの場合
お金を意識することもある程度は大事ですが
それよりも、良い仕事を残すために
仕事そのものに没頭する。

色んな成功者を見ていると
後者に重きのあるバランスに成ってる気がします。

自分がしていることを好きになりましょう。

自分が好きなことをしていきましょう。

それが才能を爆発させる方法です♪

あ、ちなみに武尊さんは
タケルと読みます。

私は、ここ数日
ブソン選手と思ってました。笑

☆今日の名言☆
過ちがないことではなく、
過ちを改めることを重んじよ。

☆クラスター長谷川のおもろ〜!!!な
メルマガ登録はこちら♪

http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

☆クラスターの日常がのぞけちゃいます^0^
Facebook

https://www.facebook.com/workman.hasegawa

お友達申請で、クラスターの日常を覗いてみる☆

Twitter

https://twitter.com/clusterhasegawa

フォローして、クラスターの日常を覗いてみる☆

今日の記事も熱かったぜ!!!!という方は

応援クリックお願いします\(^o^)/
http://blog.with2.net/link.php?1467095

では、今日もコンビニに寄る感じで
感想・意見超お気軽に送って下さい^0^

送ってもらったメールには
必ず全てに熱く目を通させてもらいますが
返信は致しかねますのでご了承下さい。

http://sedori-biz.jp/otoiawase

家電せどりであなたを救うブログ by クラスター長谷川

SSF4-blog-stamp-best

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2016年6月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ