まねる=オリジナル

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

成功者を徹底的に真似る。

それが成功への近道だ。

と、よく言われますよね。

ただ、そこで人間として思ってしまうのが
オリジナルじゃないと自分の存在価値がないのではないか?

こう心配する人がいます。

正直言います。

いくら真似たって
その人のコピーにはなれません。

いくら真似たって
あなたはオリジナルです。

そんな心配をする必要は一切ないです。

だから、一生懸命真似れば良いのです。

真似るというのは
学ぶから派生した言葉です。

と思うと
めちゃくちゃ良い言葉じゃないですか?

よく

徹底的にパクる。

という風にも言われます。

私は、この言葉が
「真似る」のイメージを悪くしてしまってるのではないかと思います。

相手のうまいところを
パクってしまえ。

言いたい意味は分かりますが
パクるには

相手から奪い取るという概念が入っています。

もちろん、それを意味してい言ってる人はいないと思いますが。

だから、この言葉は使わない方が良いと思います。

コピー商品を作れとか
そういう意味でもないですよ。

思考、概念を学んで、真似るのは

すべてを創造していくことになるのです。

真似るのは、本当に良いことです。

真似るというのは
とてもクリエイティブなことです。

だから、真似を徹底的にしていけば

素晴らしい発明ができるでしょう。

◆今日の名言
選択肢はいくらでもある過剰生産の経済において、
ひとつの製品を際立たせ、新しい意味と名前を与え、
消費者の欲しいという気持ちに火をつける。

これが現代マーケティングの醍醐味なのです

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2018年1月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ