クラスター排毒断食(マスタークレンズ)報告☆

悲しい時ぃ~

何回通ってもポケットティッシュを
もらえなかった時ぃ〜

なんか悲しい時ぃ・・・・・・・

おはようございます^0^

ビジネス誌で噂のクラスター長谷川です。

断食5日目超絶快調!!!!!!

体軽っ軽っ♪

私は、人生で無縁だったと思われる
断食(マスタークレンズ)を今しています。

※宗教とかでは一切なく
 一種の健康法です。

めちゃ楽しいです\(^o^)/

一切強がりとかなじゃくて
自分でも驚いています。

クラスター的には、苦しい思いをして
メルマガに流すネタが欲しいのですが
その苦しい経験のネタに困るくらい
問題がなさすぎます。笑

私は、人より2,3倍お腹がすぐに
すいてしまうので常に食べたいという気持ちなので
断食なんてできるはずがないと思っていました。

が、ほんとに余裕のよっちゃんイカです☆

ただ、断食とは言っても、
メープルシロップとレモン果汁の
レモネード水は1日3リットルくらい飲むんですよね。

これにけっこうなカロリーが含まれてるので
お腹は、ほんとすかないんですよね。

カロリー計算したら1日に
1200カロリーくらいは摂ってます。

だから余裕なんだと思います。

空腹感は断食というより
軽い食事を摂ってる感覚すらします。

1日の摂取はこのような感じです。

朝、浄化排便のために
塩水を飲1リットル飲む。

それ以降は、
ひたすら飲みたい時に飲みたいだけ
レモネードを飲む。

このレモネードがまた美味しいんですよ。

で、夜はルイボスティーを飲む。

ただ、これだけです。

このマスタークレンズ
ほんとお勧めです。

人間て、10億年の歴史があるなかで
ずっとお腹すいてたんですよね。

これだけ食べ物が余るくらいになったのって
ここ50年位です。

だから、現代人の食生活って
どう考えても体にかなり合ってない事を
してるはずなんですよね。

これほど人類が胃に食べ物を詰めて
消化に使ってきた事ってないですから。

栄養をとるのは大事ですが
とりすぎるのは逆に毒です。

植物の肥料と一緒ですよね。

ですので、3食ガッツリ食べてる人は
たまにはお腹を休ませてあげてみて下さい。

消化って、思ってる以上に
体がめちゃくちゃエネルギーを
使うんですよね。

このエネルギーを胃に集中させなくなる事で
思考が冴えたり、体が軽く感じたりします。

あと食の趣向も良い方向に変わるそうです。

ここ50年で日本人て
肉も食べる量があまりにも増えたんですよね。

ずっと日本人は、
畑から採れるものを主に食べてきました

だから、そういう食べ物に対して
消化が適しているようにできてるにも関わらず

現代人の食生活は肉、肉、肉ですよね。

だから、この辺も
肉の量を減らすような食生活改善にも
なると思って断食しています。

食べる事は大好きなので
断食後はまた食事に感謝して
生活するのが楽しみです☆^0^

また断食報告しま〜す。

今回しているのは
これにかなり近いです。

http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/2032/lemonade_diet/process.htm

クラスター長谷川のおもろ〜!!!な
メルマガ登録はこちら♪

http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

☆クラスターチーム入会予約

http://sedori-biz.jp/?p=1255

 ※臨時募集をたまにさせて頂きますが
  こちらから登録して頂いた方にのみ
  ご案内を流させて頂きます。

☆クラスターの日常がのぞけちゃいます^0^

Facebook

https://www.facebook.com/workman.hasegawa

お友達申請で、クラスターの日常を覗いてみる☆

Twitter

https://twitter.com/clusterhasegawa

フォローして、クラスターの日常を覗いてみる☆

今日の記事も熱かったぜ!!!!という方は

応援クリックお願いします\(^o^)/
http://blog.with2.net/link.php?1467095

では、今日もコンビニに寄る感じで
感想・意見超お気軽に送って下さい^0^

http://sedori-biz.jp/otoiawase

家電せどりであなたを救うブログ by クラスター長谷川

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ


2014年6月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:プライベート

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ