出品をすればするほど利益が減っていってます(^_^;)

SSF4-blog-stamp-best

悲しい時ぃ〜

美人東大女子大生登場〜!!!!!
がやっぱり微妙だった時ぃ〜

なんか悲しい時ぃ〜・・・・・・・

やっぱり。笑

こんばんは
ビジネス誌で噂のクラスター長谷川です。

先日、クラスターは
出品を外注化し始めたと言いましたが・・・・・・

遅すぎました・・・・・・・

ほんと、もっと早く
始めなければいけませんでした。

田代まさしが出所後
再逮捕されるくらいの
スピード感が必要だったと感じております。

出品作業してる時間を仕入れに使えば
売上も利益額ももっと伸びますからね。

もちろん、出品外注費を払ってもです。

仕入れは、新しい発見があったり
現在の街の雰囲気を感じたり
生産性の要素が含まれているのですが

出品作業に関しては
クリエイティブなモノを
一切生み出しません。

出品は自分でしても1ヶ月までです。
それ以降は絶対自分でしてはいけません。

今まで出品してた時間を
返して欲しい・・・・・・。

と思ってたら
私のせどり仲間のまちゃさんが
出品代行を始めるようです。

http://nandemoyatv.com/

詳細なHPは現在制作中との事ですが
代わりにクラスターが説明させてもらいます♪

スピードと安心業界一!!!がコンセプトで

1番の売りは、
仕入先から出品代行倉庫に
直送してもらってOK!!!!

ということです。

しかもしかも
嬉しいのは30点以上からしか受け付けません

みたいな制限はありません。

ここが今までネックでいたよね。

仕入先から送りたいけど29個しかない!!!
みたいな~。

って、そんなギリギリな事はマレですが。笑

2個でも3個でも送っちゃえます♪

家電・ホーム&キッチン・パソコン周辺機器から
中古メディアまでほぼ全ジャンルを網羅したサービスです。

基本料金は、1商品120円です。

ただ、商品の3辺合計が50cmまでとなります。

3辺合計が+5cm増える毎に
+40円程度を追加頂く予定です。

大きい家電の場合は、サイズに応じて
追加料金を頂く予定だそうです。(現在価格設定中)

送料に関しては、
こちらのまちゃさんに
送る時のみの負担となります。

出品コメントもカスタマイズ出来るように
システム屋さんと開発中で~す♪♪♪

SSF4-blog-stamp-best

ということで
こんな素敵すぎるサービスが
もうすぐ開始されるようです!!!!

初めのうちから
出品代行を依頼するお客さんになっておけば
今後も融通を効かせてくれます。

今のうちに
ドンドン要望だしておいて下さい~!!!

そこで、まちゃさん出品代行のアンケートに答えると
初めの1箱を半額で出品してくれます!!!!

アンケートに本気で答えると
今ならまちゃさんも本気で
たくさん要望を叶えてくれますよ!!

いつかは外注さんを使う日が絶対きますので
このキャンペーン中にせめて1回だけでも
使っておいた方が得です。

あと体験として一度でも良いので
出品がなくなる快感を味わってみて下さい☆

では、アンケートになります^0^

氏名(            )
※ハンドルネームOK!!

1 今まで出品代行を使っていなかった人は、
  なぜ使いませんでしたか??
 

2 荷物到着から希望する
  発送日数はどれくらいが良いですか?

3 荷物到着から許容できる
  最も遅い発送期限はいつくらいですか?

4 出品コメントを細かく指定したいか?

5 4でYesと答えた方は
  どのように細かく指定したいですか?

6 Amazon倉庫への納品はダンボールの中がすかすかでも
  待たずにすぐ発送したいですか?
  
  それとも配送料のコストを抑えるため、
  多少発送を遅らせても商品を追加したいか?

7 出品代行にあってほしいサービスがあれば
  何でも書いて下さい^0^

氏名と1~7を記入して
info@hayate-express.com

に送って下さい~。

クラスターは、
まちゃさんと仲良くさせて頂いてますので
クラスターから紹介してもらいました!!!

って言えば
色々と融通を聞いてもらえると思いま〜す☆

今日の記事も熱かったぜ!!!!という方は

応援クリックお願いします\(^o^)/
http://blog.with2.net/link.php?1467095

では、今日もコンビニに寄る感じで
感想・意見超お気軽に送って下さい^0^

http://sedori-biz.jp/otoiawase

家電せどりであなたを救うブログ by クラスター長谷川

SSF4-blog-stamp-best

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ