勝手予測の失敗仕入れ 二例

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

今日は、勝手な予測で
販売して赤字になってしまった
失敗仕入れを2つ紹介しちゃいます。

失敗仕入れですが、
ちょっと赤字くらいだったら
クラスターは全然あります。

細かくデータとってないですけど
10個に1個はあるかもしれません。

ただ、他で利益しっかり取れてるので
全然問題ないですし

そうやって物販するのが本質だと考えています。

また、ちょっと赤字程度なので
投資に対しチョットしか痛んでないってことなので
せどりは、すごいビジネスだと思います。

もちろんですが、がっちり失敗もありますよ。

●ナノブロック ふろん太

フロンターレ川崎のキャラクターの
ナノブロックですね。

・2年前くらいは4千円台で売れたこと
・1年以内も売れていたこと
・出品がなかったこと
・フロンターレがJリーグで、連覇している
・ナノブロックという誰でも知ってるおもちゃ

これらの理由で
赤字にはならないと思って
近所でいつでも買えるのにも関わらず
2つ買っちゃいました。

1296円で仕入れちゃいました。

そうしたら、売れない売れない。汗

結局900円くらいで売り
800円くらいの赤字となりました。

いつでも仕入れられるんだから
仕入れ、1個にしときゃよかったー。

https://mnrate.com/item/aid/B00N8OKMMG

●BUFFALO ポータブルハードディスク 500GB HD-PCT500U2-BKJ

1年前くらいに4千円くらいで2回売れてました。

ずっと出品がなかったので
仕入れ値が3600円でしたが

ちょっと高値だったらすぐ売れるだろうと
踏んでいたのですが
ライバルが出現しちゃい、汗

結局、4320円で売ることになり、
3600円仕入れ
3500円入金の
プチ赤字で終了となりました。

回転が遅いことの最大のリスクは
変なライバルが出現しないかどうか

だと思ってるんですよね。

ま、そこは運もありますが。

ヤフオクとか
メルカリの出品履歴でチェックで
予測を立てることはできます。

回転遅い商品を仕入れる時は
キャッシュフローよりも
ライバル出現を一番気にするべきだと思います。

https://mnrate.com/item/aid/B00620M1BS

ではでは^^

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

SSF4-blog-stamp-best

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年7月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕入実践

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ