「ちょっとスイッチ」は「全部スイッチ」ダイエット行動心理学

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

今日は、ダイエットの心理学から
行動心理学について考えてみましょう。

したくない行動を
少しでも律するきっかけになればと思います。

なんで、こんなトピックか。
特に、理由はありません。笑

なんか書きたくなったからです。
そんなもんです。笑

ダイエットで、ついついやってしまうのが

「食べ始めてしまう。」

ことです。

ここで気をつけたいのは
ちょっと食べたい

「ちょっとスイッチ」です。

この

「ちょっとスイッチ」=「全部スイッチ」ですよ。
気をつけてください。

なぜならば、人間の本能が発動してしまうからです。

だから、

ちょっと食べたいというところから
ちょっとだけ食べるという結果は
基本的に存在しないのです。

食べ物が、多く存在してしまっている場合。

砂漠で、汗かきまくってる時に
ボトルに入ってる水飲み始めて、途中でやめられますか?

無理ですよね。

日常のちょっと食べも
それと一緒です。

すべてが「全部食べたい。」とイコールになるのです。

あなたが悪いわけでは1ミリもありません。

ただの生存本能なのです。
食料は、体内に保存しておかなければならないですからね。

そこでこれらと付き合うために大切なのは

この「ちょっとスイッチ」すら入らない状態
または、入りにくい状態にしてしまうことです。


本能(欲求)は、限りありません。無限ですので
すぐ手元にある状態、食べやすい状態。にしてはならない。


また、どうしてもお腹がすいてすいて食べ始めると決めた場合は
満足がどこか?をしっかりと意識しましょう。

この2点点だけでも
抑止が良い加減に働くでしょう。

それらの例として

夜の食事をしてしまった後は
歯磨きをしてしまう。

小包装、少量で分けられている食べ物を選ぶ。

代わりのものを食べる。
(スイーツ好きだったらメープルシロップ
 スナック系が好きだったら、スルメイカ?みたいに。
 ミックスナッツは満腹感も得られます。)

食べ始めてしまったとしても

飲み物でまずはお腹をふくらませてしまう。

その上で、よく噛んで味をしっかりと感じる。

という感じです。

このように
いろんなハードルを設けましょう。

自然と無駄喰いは減っていくはずです。

本能には勝てませんから
違うところからのアプローチで攻めるのです。

人間は「満腹」を目指して食べるのではなく
「満足」を得るために食べているはずです。

ですので、今までの量食べなくても
「満足」したと自分の脳に良い騙しをすれば良いのです

他でも、この思考活かせますよね。

ネットサーフィン
ネットショッピングは

時間を無駄に浪費することが多いです。

無限にならないように

また、すぐに簡単にし始められないように

また、今から行動した時に何が「満足か」?

を意識してからすれば

改善スパイラルに入るのがわかるでしょう。^^

ではでは^^

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年3月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

ノウハウは、どこまで出しても良いのか?&注意点

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

情報発信をしていて
よく聞かれることですが
情報発信関係ない人も全員深く関わることですので
最後まで聞いてくださいね^^

ノウハウって、どこまで出して良いんですか?

回答としては

「全部、だしきっちゃってください。」

聞いた人
「全部出しちゃって良いんですか?飽和しないんですか?」

と言われますが

答えは変わりません。

理由は・・・・

1、全部出し切っても、出しきれない。

まず、発信者として
伝え切ろうと思っても量的に絶対伝えられません。

また発信者は、自分の常識を基準にして話をするしかありませんので
情報の受け手にどの部分が多くの人にとって必要かを
正確に認知できていない部分があります。

ですので、全て出しきる勢いでしたとしても
実質的に、だしきれてない状態になります。

また、受け手の人も情報が無料の場合
こちらが出した情報の全部を受け取りません。

痛みをともなって得たわけではない情報は
どれだけ価値があったとしても
無意識的に絶対に情報の一部をフィルターから外しています。

2、実践しない。

そして、どれだけ濃いノウハウを伝えたとしても
9割以上の受け手は実践しません。笑

絶対にです。

もちろん、実践する人もいますが。

ただ、驚くほどに実践する人は少ないですし
実践したとしても何の影響もないレベルです。

だから、飽和なんてありえないのです。

商品を、ピンポイントで
仕入れ値、仕入先教えたら実践はしますが

それは、そもそもノウハウとは言いませんし
飽和して赤字になって終わりですので、感謝されません。

3、ほんとに、全部出し切ったら入ってくる。

ノウハウを出しきったら、情報を売れなくなります。

と言われますが。

コンサルティングを受けてもらうことができます。

良いノウハウを全部出し切ったら
必ず一定の人が、あなたのコンサルを受けたい!!

と言ってくれます。

ですので、売るものに困ることはありません。

じゃあ、教材だけを売りたい人は
どうすれば良いか?

そのノウハウを一度出し切った時に
必ず修正点や最新情報が入ってきます。

それを追加して売れば良いのです。

ノウハウを出し切ってますので
十分に感謝されています。

ですので、ほんとに良い情報を提供できていれば
その最新ヴァージョンのコンテンツ(教材)を買ってくれる人は
必ずでてきます。

また、極論、
次のノウハウを作っちゃえば良いのです。

1個目のノウハウで、十分に価値提供をしておいて
2個目も楽しみにまってもらえば良いのです。

一生に1個のコンテンツしか販売しない
情報発信者になるつもりであれば
ならない方がマシです。

常に、新しい読者さんか、新しいノウハウ

どちらかは、開発しつづける必要がありますからね。

このような理由で

ノウハウは

ぜ  ん  ぶ

出し切っても一切、問題ありません。

逆に、

出し切らないとダメ!!!!!!

というくらいに思いましょう。

これは、懇親会などで
となりの人と話す時でも同じです。

今の時代良い情報なんて、無料でもけっこうあります。

それであれば、隣に座ったご縁として

どでかい情報をあげちゃいましょう。

いや、他人にそれはチョット。

って思うのであれば

相手も同じことを考えますよ。笑

そんな状態であれば
ほんとに、なんの意味もない懇親会になります。

出し切る!!!

全員が意識しましょう。

ただ、注意点があります。

それは、出した時に

お互いに文字通り殺し合いになる可能性がある情報
(リピート販売している人は、商品を教えるのは微妙です。)

相手が成長しない情報

だすことで仲間周り、業界全体が混乱を起こしてしまうような情報

です。

この辺りは、だすのに注意してください。

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年3月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

ポジショニングの重要性

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

せどり、そして、ビジネスをしていくうえで
ポジショニング(立ち位置取り)というのは
とても重要になってきます。

ポジショニングだけで
勝負が決まると言っても過言ではありません。

格闘技でもそうです。
試合で、自分の得意な距離感で相手との距離を図らなければ
相手に触れてはいけません。試合開始の第一条件なのです。

そして、自分でコントロールができるポジショニングであれば
ぜひ、そこは意識していた方が良いと思います。

せどりの手法を、ほんとにザックリと分けると

新品、中古、店舗、電脳になると思います。

現在のアマゾンせどりが始まってからの流れとしては、

中古店舗
 ↓
中古電脳
 ↓
新品店舗
 ↓
新品電脳(←今ここ。)

このようになっています。

今、新品電脳が多いです。

で、これ時代の流れを見ると

面白いです。

だんだん、作業的に楽する方向になってます。笑

楽をするな!!と私は言いたいです。笑

ただ、楽をしようとする人が多いおかげで
店舗せどらー減ってます。

中古店舗、中古電脳も減っています。

ですので、

今、新品電脳をメインでしている人で
利益率、ライバル数がちょっと苦しいかなと感じている人

新品電脳以外の違うエリアに行けば
予想以上にやりやすかったりします。

もちろん、新品電脳で行動量が少ない場合は論外ですが。

今、他のライバルがどこに
密集しているか?

それを少し意識するだけでも
結果は、変わってきますし
エネルギーをだいぶ省エネできますよ。

私が、せどりを始めた時
とあるDVDの情報教材が販売され始めて買いました。

内容は、普通に良かったです。

ただ、やっぱりブックオフに行っても
ほんと、DVDは刈られていました。笑

教材買って、すぐに思いました、
しばらくはDVDやめようと。笑

いくらノウハウが正しくても
今は、意味がなさすぎる。

ただ、そのときの教材のセミナー、懇親会に行ったときに
おもちゃの情報をゲットして
1ヶ月は、ほぼほぼおもちゃで月商100万くらいまでいきました。

ポジショニング、少し意識してみてくださいね。

ちょっとずらしたり
斜めの視点いれるだけで変わってきますよ^^

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年3月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

トップの結果をだすのは、●●の天才 メイウェザーvsヒカキン

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

最近、

世界一のプロボクサー メイ・ウェザー

日本一のYoutuber ヒカキン

の凄まじい

努力の塊を知ったのでシェアします。

ヒカキンは知ってると思いますが

メイ・ウェザーは日本人にはあまり知られてませんので
軽く説明します。

メイ・ウェザーは

世界一の収入を稼ぐアスリートです。
ボクシング1試合で100億円以上を稼ぎます。笑

実績も、異常で50試合で無敗です。

格闘技の世界において
これだけの試合数をこなし、無敗というのは
奇跡が3回くらい起こってるくらいすごいことです。

対戦相手も、弱い相手ではなく
名だたる強豪がばかりですからね。汗

ボクシングの歴史上で50戦無敗(全勝)は、彼一人だけです。

大晦日に、日本で那須川選手と対戦したことで
知った人も多いかもしれません。

上の2人は、

時代に乗った。

うまくやってる。

というニュアンスで思ってたのですが

大きすぎる勘違いで
自分が恥ずかしくなりました。

2人とも努力の塊です。

メイ・ウェザーは、
人種的なアドバンテージもあり
(差別ではありません。)

天才がけっこう頑張った程度かと思っていましたが・・・

20kmのハーフマラソンを毎日。

40回の懸垂や200回の腹筋を
汗もかかずにやるようです。

試合が無くてもピークを常に維持できる様に
過酷なトレーニングをかかさずやり続けます。

1回2時間の練習を3回はするようで
トレーニング中休憩もないようです。。

試合前には40Rの練習を1日3回も行います。

気が狂ってます。笑

ソフトなスポーツじゃないですからね。
格闘技という、最高にハードな練習をこれだけこなすのは
人間レベルではないです。笑

メイ・ウェザーには、こんな名言があります。

「お前が休んでいる時、俺は練習している。
お前が寝ている時、俺は練習している。
お前が練習している時、もちろん俺は練習している。」

ほんとに、ずっとずっと練習しているようです。

そして、年収5億(多分、笑)オーバーのヒカキンは

なななななんと

自分ですべての動画編集しているんですね。汗

編集は、外注と思ってましたが・・・。

手を抜いたら、絶対にファンにばれる。
そんな動画は見せたくない。

とのポリシーで

動画撮っては、編集し
撮っては、編集し

ほんとに、そんな日常のようです。

編集と言ってもこだわり抜いてるので
7、8分の動画1本でも5、6時間はかかるようです。

なんか、舐めてました。笑

すいません。

結局、突き抜けてる人は

努力の塊。

そこです。

クラスター
もっともっと、ストイックになりたいなと思いました。笑

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年3月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

月商2000万達成の「違い」とは?

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

昨日は、月商2000万セミナーを開催しました。

参加者さんは
中級者以上の人が多いのかなと思ってたのですが
思ってた以上に、超初心者の方も多かったです。

私自身も、セミナー会場の後ろで
あらためて、受講しました。

多くの人がはいずり回って
昨年クリスマス商戦で月商1000万円を
なかなか達成できない中

原口さんは、文字通りたった1人で
月商24000万円を達成しました。

それは、何でかなあぁと思いながら聞いていたのですが

改めて

「考え方の違い」

ここにいきつくなぁと感じました。

せどりは、やってることはみんな一緒です。

安く仕入れて、高く売る。

です。

ですが、ここまで差が出るのは

いろんな要素において考え方が少しずつ違い

それが、キャッシュフローの複利のように
雪だるま式にかけ算になり

それが、結果となって現れるのだなと感じました。

私が、その中でも特に感じた
考え方の特徴はこの3つです。

●要点をおさえる。

月商2000万円オーバーともなれば
ひたすら足で稼ぐのは限界があります。

しかも、原口さんは12月は
もともとの仕事である音楽関係の業務が
一番多い時期です。

となると、原口さんにとっては1年で
もっとも仕入れができない月でもあります。

そこで、商品数を絞り込んで
そこに一気に資金を投下するスタイルです。

要点をおさえる。

言葉だけで言うと
ほんとにシンプルですが、
これを究極まで突き詰めているのを感じました。

●心底興味をもっている(ゲームみたいなどはまり)

私の中で感じたのは、原口さんは、

せどりをゲームのように楽しんでいます。

宝探し感覚でしている人もいると思うので
それは、普通かもしれません。

ただ、原口さんが他の人と違うなと思うのは

失敗の方こそ、本気でおいしい!!と考えられるところです。

商品を仕入れて、販売して赤字になった時

普通の人は、感情の大部分は「悔しい」になってしまうと思います。

原口さんの場合は、
「一つのサンプルができた!ヨシ!」
でしかありません。
ただ、ただ、それだけなのです。

それは、他の人がリスクがあるからという理由で
したくないようなテスト販売を
たくさんたくさん経験し、

その赤字になったサンプルをもとに
莫大な利益をあげてきたからです。

だからこそ、

失敗こそ、めちゃくちゃおいしい。

逆を言えば

失敗もないようなところに、おいしさはない。

そのように考えているはずです。

先ほど、商品数を絞り込んで
そこに経営資源を集中させて仕入れる

と言いましたが

十分なテスト販売をしているからこそ
不安なく、そのリスクが取れるのです。

●信じているかどうか

当たり前のマインドの話であり
普遍のテーマでもありますが

自分をどこまで信じれるか。

原口さんは、せどりを始めたときに

月商1000万円は絶対に達成する。

と決め、そのためだけの行動をしてきた

ということです。

シンプルですが、
信じれるから、そこに行き着く。

ということです。

自分を信じているかどうか?

改めて、再確認してみてください。

こんな、いろいろな思考の違いを

生で!!!

聞きに来てください^0^

月商2000万!!!

いや、2400万円到達した人の話は
なかなか聞けないはずですので
貴重ですよ^^

昨日も、アットホームな雰囲気で楽しかったですよ^^

9日土曜日大阪で
まだ、5名ほどの席が空いています。

懇親会も、まだ参加でも調整できます♪

http://sedori-biz.jp/?p=6103

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2019年3月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

このページの先頭へ