ビジネス経験無しの40代の一般の主婦の方がクラスターチームに入ると・・・

こんばんは^0^

せどり界で一番マスコミにでている
クラスター長谷川です。

今日もクラスターチーム1期の方に
クラスターチームについてを語ってもらいます。

今日は、あけみさんという40代の女性です。

まず、あけみさんが
クラスターチームに入ってくれたこと自体
私自身、正直かなり驚いています。

なぜなら、ビジネスとは一切無縁の
一般の主婦の方だったからです。

シングルマザーだったとか
超貧乏だったとか

なんかで、お金でとても困ってたなら
ちょっと分かるのですが。

特別お金持ちの方ではないですが
旦那さんがサラリーマンで
普通にパートをして暮らされていました。

そんなあけみさんが
特に理由もなく書店に行き
たまたまクラスターの書籍と出逢い
クラスターのメルマガを読んでいるうちに
チームの募集があり・・・・・・・。

どんなチームだろうと思って募集文を読んでみたら・・・・・

高っ!

金額の高さに驚き
かなり迷われたようです。

副業であったり
自分でビジネスをするという経験がなければ
こう思って普通の金額だとは思います。

ただ、そんなあけみさんが
清水の舞台から飛び降りる気持ちで
入会し・・・・・・・・・・

今では、こうなりました。

http://cluster-hasegawa.com/ms/cs.cgi?m=cluster&c=7081&u=4

パートも辞められるくらいになって
良かったです^^

動画の中で、とても嬉しかったのは後半部分の

誰についていくかで
こんなに結果が変わるんだ・・・

という話です。

クラスターチームに入られて
人生が変わってくれたようで
ほんとに嬉しいです。

半年前くらいは
まだパートをして暮らされていたのに。

※ちなみにクラスターチームの入会費は

 実は、かなり安い方です。

 この業界のスクールや塾は
 だいたい25~30万円という感じです。

 この金額が高い
 というよりは普通です。

 これよりももっと高い50万円くらいのも当たり前にあります。

 先日紹介した西村さんが入っていたような
 100万円以上のものもありますからね。

 あと、塾やコミュニテイーって
 金額よりも大事なのは
 そこで

 どれだけの価値を得られるかどうか

 結果を出せるかどうか・・・

 なんですよね。

 いくら安くても
 得るものがなかったり
 結果がでないと意味ないですからね。

 安物買いの銭失いにならなにようにしてくださいね。

 べらぼうに高いのに結果でないのは
 最悪ですが。

 そういう点で、実質的な価値からすると
 クラスターチームはほんとにコスパが良すぎると
 私は思っています。

 ではでは^^

☆今日の名言☆
年をくって負けるとあいつはもうダメだと言われる。
若くて負ければ青二才と言われる。
だから勝て。

◆クラスターチーム1期生が語る
 クラスターチームについて

西村さん

http://cluster-hasegawa.com/ms/cs.cgi?m=cluster&c=7082&u=4

N岡さん

http://cluster-hasegawa.com/ms/cs.cgi?m=cluster&c=7083&u=4

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2016年5月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:未分類

保護中: クラスターチーム特別先行募集 明日29日21時で締め切り♪

この記事はメルマガ読者さん限定です
読みたい場合はメルマガの読者登録を下記からお願いします。
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster


このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2016年5月28日 | コメントを読むにはパスワードを入力してください。|

カテゴリー:未分類

クラスターチーム1期生 N岡さんのインタビュー

こんばんは^0^

せどり界で一番マスコミにでている
クラスター長谷川です。

今日もクラスターチーム1期の方に
クラスターチームについて語ってもらいます。

前回の西村さんのインタビューは、
現時点で240人くらいの人が見てくれて
とても驚いています。

http://cluster-hasegawa.com/ms/cs.cgi?m=cluster&c=7062&u=4

少しでもコミュニティーの重要性に
気づいてもらえたかなと思います。

西村さんのように
色々と活動をして最終的にせどりと出会い
稼げるようになった人って、
実はかなり多いです。

特に、FX、株、ネットワークビジネスで失敗したから
せどり業界に来た。

こういう人は、ほんと最後のチャンスという感じで
頑張られて、結果をだす人が多いです。

今日は、そんな西村さんとは対照的に
初めて自分でビジネスとしてせどりをし
月商100万円を達成したN岡さんに来てもらいました。

初めて出会ったのがせどり
なんて正直羨ましすぎます。

N岡さんは、大学で就活をしているうちに
雇われて働くということに疑問を感じ
自分で稼ぐ方法を探し始めました。

そして、クラスター書籍を通してせどりと出逢い
自分で稼ぐという道を選び
今は、アルバイトをしながら
せどりをしています。

働く=雇われる

多くの人が、それしか稼ぐ方法がないと
思い込んでいる
思わされている中で

それに疑問を感じ
真正面から立ち向かい
自分の道を一生懸命作ろうとしている。

若いのに、ほんと偉いです。

あと、自分のペースを守って
せどりをしているスタイルも好きですね。

けっこう、早く独立したくて
焦って専業になる人も多いのですが
せどりで完全に専業になると
ある程度の余裕がないと
精神的に初めはかなりきついです。

彼は、余裕をもってせどりを続けるために
冷静に考えてアルバイトをしながらせどりしているので
賢明だなと思います。

N岡さんであれば半年以内に
独立しようと思えば
いつでもできるレベルには到達すると思います。

そんなN岡さんの話は

こちらから聞いてください。^^

http://cluster-hasegawa.com/ms/cs.cgi?m=cluster&c=7063&u=4

☆今日の名言☆
フィールドでプレーする誰もが必ず一度や二度、屈辱を味わわされるだろう。
打ちのめされたことがない選手など存在しない。
ただ、一流の選手はあらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうとする。
並の選手は少しばかり立ち上がるのが遅い。
そして、敗者はいつまでもグラウンドに横たわったままである。

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

フジップリン 仕入コンサルツアー動画^^

こんばんは^0^

せどり界で一番マスコミにでている
クラスター長谷川です。

今日は、クラスターチーム一期の時に
藤井さんが仕入同行ツアーをしてくれた時の
チーム生の感想動画をお送りします。

やっぱり、稼げるようになる最短は
実際に実績者がせどっているのに着いて行くことです。

実際のせどり風景を見て感じることです。

どうやって、
店舗を巡っていくのか
店舗での立ち回り方
店舗内での見るべきポイント
仕入れ基準
仕入判断の速さ

一日で良いので
マンツーマンで実績者と一緒に回るだけで
視点が大きく変わります。

同じ店舗が違って見えるようになります。

フジップリンのツアーコンサルでなくても
誰かのマンツーマンコンサルツアーを受けることを
お勧めします。

ただ、絶対に信頼できると思える人を選んでくださいね。

まずは、鈴木さん。
現在、最高月商131万円です。
今月は150万突破予定です。

http://cluster-hasegawa.com/ms/cs.cgi?m=cluster&c=7051&u=4

そして、Tさんも
月商100万を超えています。

http://cluster-hasegawa.com/ms/cs.cgi?m=cluster&c=7052&u=4

たくさん仕入れたと見せるために
仕入れた商品は一切ありません。

仕入商品は、すべてチーム生が持って帰りますから
おいしいから仕入れた商品だけです。

仕入同行コンサルを受けた時の
イメージングになれば幸いです。

フジップリンのせどりツアーは、
最低レベルで2~3万円
平均5~6万。
最高で10万オーバーの
見込み予想利益をゲットしてくれます。

ですので、コンサル代の一部は
その日に戻ってきます。

せどりの即金性って
やっぱり凄いですよね。

ではでは^^

☆今日の名言☆
コーチングにおいて準備よりも重要な要素はありえない。

コーチは試合の勝敗そのものを支配することは出来ないが、
勝つための準備をどのように行うかを決めることは出来る。

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2016年5月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:せどりツアー

保護中: クラスターチーム2期生への思い(動画)

この記事はメルマガ読者さん限定です
読みたい場合はメルマガの読者登録を下記からお願いします。
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster


このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2016年5月26日 | コメントを読むにはパスワードを入力してください。|

カテゴリー:クラスターチーム

このページの先頭へ