輸入でライバルに相乗りされない方法

SSF4-blog-stamp-best

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

輸入商品を仕入れて
新規商品登録をする段階なのですが
相乗りをされたくないので色々と思考を巡らせていました。

相乗りされる

とは、自分が商品登録をして出品してる商品に
競合者として割り込られることです。

せっかく、独占販売したくて
新規商品ページ作成頑張っても
ライバルにこられるとやっぱり嫌ですよね。

アマゾンでは、商品が同じであれば
相乗りをしても良いというルールになっています。

相乗りするのが禁止されているケースは
当たり前なのですが商品自体が違う場合です。

最も確実に相乗りを排除するのは

商標登録をして
商品とパッケージにロゴが印字されている場合

です。

ただ、商標登録は完了まで6ヶ月かかりますし
そんなに初めから待ってられないですよね。

なので一段階レベルを下げて考えなければいけません。

その本質的な戦略は

ライバルが相乗りしようとする気がうせるような出品をすること

です。

ちょっと詳しく言うと

ライバルが相乗りできるまでの面倒くささを増やすことです。

具体的に言うと

・リサーチ
・商品の付加価値の付随

これらをどちらかでも良いので
圧倒的に面倒くさくさせることで
この商品売れてるけど乗っかるのやめよう。

となります。

では、事例を言います。

1 セットで3点以上にする

2つまでならリサーチしようという気になりますが
2つ探してもう1個となると
もう探したくないです。
このハードルは、なかなか高いと思います。

例えば、防寒セットとして

マフラー、ネックウォーマー、ニットキャップ

を似たような雰囲気でセットで売る。

SSF4-blog-stamp-best

みたいな感じですね。

そして、もちろんですが
仕入先を違うところにします。

2 仕入れをメジャーでないところから仕入れる。

タオバオとか
そのようなベタすぎるところ以外から仕入れることです。

展示会に行くのも一つですね。

まだネットでは、落ちてない取引案件が
たくさん見つかるでしょう。

3 検索結果を違うものにする。

例えばの話ですが

子供用のサーフボードを仕入れてるのに

それを
「大人用ショートサーフボード」

で販売します。

ライバルは大人用のボードとして探しますが
いくら探しても見つからないですよね。

そんな感じです。

4 機能的なものを付与する。

例えば、仕入先は本カバーだけを売ってるけど

それにしおりをつける。

とかですね。

ま、ここまで来るとOEMですね。

この4つがクラスターが考える中で

ライバルが出品する気がうせるだろうなぁ。

と思った戦略です。

もっと下記のようなライトな対策もありますが

・交渉で安くする

・写真を撮り直す

・パッケージをオリジナルにする。

これだと相乗りされる確率がまたワンランク下がると思います。

ではでは^0^

◆今日の名言
自信が失せると能力も下がりますから、
本当はできることまでできなくなってしまいます。

失意泰然と言うように、
ピンチのときはたとえ空元気でも明るく
どっしりと構えていることが一番なのです

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

SSF4-blog-stamp-best

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2017年12月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:輸入

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ