外注化の基準

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

月商100万オーバーしてる人に

次に稼ぎやすい方法って何でしょうか?

と聞かれると

即座に、出品外注化と答えます。

大体の人が期待はずれのリアクションをします。笑

ただ、圧倒的に簡単であり
圧倒的に楽になるので
違う物販の稼ぎ方を知る前に
まずここの土台を作って欲しいなと思います。

私は、外注化こそ、どこまでいっても最重要な
稼ぎ方のメインストリームだと思っています。

しかもハードルが低いので
やらない理由が思いつきません。

私が考える外注化の目安を言うと
利益で1万円出てたらスタートしてオッケーです。

1万円分の仕事量が準備できたらではないです。

利益1万円は毎月外注さんにあげちゃいましょう。

ということです。

1万円分の仕事量があるよと言ったら
けっこう、応募してくれます。

しかも出品を外注化すると
中古仕入れができるようになりますからね。

自分で出品するんだったら
しない方がマシくらい
中古は出品手間がすごいですからね。

せどりは中古の方が利益率も良いですので
安定した経営ができるのも魅力です。

私の兄はまさに
中古せどり、出品外注化で
ガッツリせどりしてる感じではないですが
ちゃんとせどりで生計立ててますね。

あとは、長期的な視点でも私は言っています。

ビジネスしていく上で
どっかで人の手は絶対に必要になってきます。

いくらビルゲイツが天才でも一人で仕事して
世界一金持ちになったわけではありません。

たくさんの仕事を人にふって
良いディレクションをしてきたから
世界一の金持ちになれたんです。

そのためにも、仕事を外注化というスキルは必要になってきます。

そもそも・・・・・・

せどらーが使っているFBA、
あれ外注化ですよ。

自分の商品が勝手に倉庫からお客様に送られてるわけですからね。

自分が知らないバイト君が
倉庫で自分の商品をピックアップして
違うスタッフに渡して梱包してる感じですので。

自分が作業をしないポジションにいかないと
いつまでたっても作業が減らないです。

自分のクリエイションの時間が作れないです。

次の仕事を創造できないです。

一生、ラットレースになってしまいます。

今後、ロボットがすれば良いような仕事は
どんどん人に任せていってくださいね^^

時間とより良い仕事をしていくためです。

物販の出品外注というのは
その点で料金もかさばりませんし
教えやすいですし。

初めての人には
とても良いステップになると思います^^

せどりを通じて
あらゆるマネージメント能力を上げていきましょう。

◆今日の名言

大体において「必要悪」というものは、
必要性よりも悪の要素が遥かに大きい

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターせどりチーム4期
ど素人から月商100万円を100名以上輩出した
クラスターチーム4期が2017年7月に募集予定です。

興味がある人下記からご登録ください。

登録したからといって入会する必要はありませんので
お気軽にどうぞ。

http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=reserve

☆クラスターの日常がのぞけちゃいます^0^
Facebook

https://www.facebook.com/workman.hasegawa

 

お友達申請で、クラスターの日常を覗いてみる☆

Twitter

https://twitter.com/clusterhasegawa

 

フォローして、クラスターの日常を覗いてみる☆

今日の記事も熱かったぜ!!!!という方は

応援クリックお願いします\(^o^)/
http://blog.with2.net/link.php?1467095

 

では、今日もコンビニに寄る感じで
感想・意見超お気軽に送って下さい^0^

送ってもらったメールには
必ず全てに熱く目を通させてもらいますが
返信は致しかねますのでご了承下さい。

http://sedori-biz.jp/otoiawase

家電せどりであなたを救うブログ by クラスター長谷川

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2017年2月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:組織化

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ