3年連続メルマガ配信達成やったった。

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

メルマガ連続配信日数 せどり界第1位 連続1098日目

3年前の今日、
クラスターが、メールマガジンを毎日書くと宣言しました。

と言うと、5月くらいに1000日達成記念、今月はじめに独立6周年記念と
お祝いばかりの記事になってしまいますね。笑

まあ、めでたいことは多い方がいいので
よしとしましょうや。

今日は、3年続けられた秘密をお伝えします。

シンプルではありますが、

ただやる

です。

あ、短すぎましたね。笑

なので、もう一回言って
尺を長くしておきます。笑

ただやる

もう1回言ったけど、それでも8文字。笑

もう少し具体的に言うと
その目的に対して一途になるということです。

逆を言えば、それ以外は切り捨てる場合も多々あるということです。

むしろ、積極的に切り捨てます。

メルマガを出す。

情報発信をしている人なら
より分かると思いますが

毎日メルマガ出すというのは
なかなか負荷が大きいです。

それだけに、

メルマガを出す。

ということに関しては
それ以外は考えません。

内容の質、文章の長さに関しては
完全に切り捨てます。

メルマガを出す。

という一点だけに集中します。

ですので、自分的に
かなり不満足のクオリティで
メルマガを出すこともかなり多いです。

ですが、宣言した以上は

やる。

メルマガを出す。

だけは、他の業務をどれだけ犠牲にしても
やり遂げました。

私は、メルマガを書く時間は、だいたい30分です。

それを、文字通り毎日3年間しました。

1日も欠かさず。

1日も欠かさずは

前も言いましたが
やっぱきついっすよ。笑

こういうことは、あんまり言いたくないけど
こんな日くらいは
正直にあえて言っちゃいます。

だから、登山の趣味を始めたいけど
リュックと靴だけ買って3年以上が経ってしまいました。笑
メルマガを書くために?。笑

あなたが、情報発信者じゃなくても

せどらーとして

毎日、

仕入れに行く
セラーセントラル
新しい情報を入れる
管理業務をする

毎日30分は
どれかできると思います。

仕入れ以外は
パソコン1台で、できますからね。

やらなくても良いけど
やったらトップ数パーセントに入れる可能性が一気にあがる。

だから私は、やった。

それだけです。

それが覚悟です。

毎日やることが正しいとかは
全く思っていません。

ただ、毎週2回でも良いと思います。

自分で決めたんだったら
やりましょう。

やるんです。

テクニックとか

コツじゃないです。

やるんです。

ただ、やる。

もちろん、今が気分が乗らずタイミングじゃなかったら
しなくて良いです。

しっかり休んで

ヨシ!!というタイミングたきた時にやりましょう。

ま、どちらかと言うと

私は、やりたい

という感じになってはいますけどね。

カッコ良い体になりたい!!

としたら

絶対、筋トレしますよね。

寝てたら絶対カッコ良い体にならないですよね。

筋トレの大変さよりも

カッコ良い体になりたい。

圧倒的に思いが強いということです。

そこまでの気分になれたら最高ですね^^

私は、成功したい思いが強いから

やらない選択肢がないだけです。

やるのが普通なんです。

お恥ずかしい話
私の能力、スキルは、
ネット業界ではかなり劣等生だと思います。

せどりにおいても
情報発信においても

なかなかの遅咲きです。

ただ、そんな私がスキルがある人よりも
良い結果を残せてきたのは

やった。

やったった。

やりまくったった。

シンプルですが。

そこになっちゃうのです。

気持ち。

うん、やっぱそこです。

あ、なんか前と似た記事になってきたので
もうやめておきます。

3年経って、今
原点回帰を感じています。

ビジネスエンターテイナーに戻っていきます。

出版とかさせてもらって
ちょっと、ちゃんとしなきゃと思って
かたくなりすぎた3年間だったかな。

ゆるーい、笑える感じも増やしていきます^^

ではでは♪

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2018年8月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:情報発信

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ