成功できないのは指導者のせいか?

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

このメルマガを読んでもらってる人の中にも
けっこう情報発信者さんがいると思いますので
今日は、情報発信の話です。

情報発信で

人に教えて、生徒さんが結果がでないか不安

という人がけっこう多いです。

この思考は、本当に消した方が良いですし

本当によくない完璧主義のベクトルに向いていってしまいます。

一切やめましょう。

情報発信者の仕事は、

あなたがしてきたことを
そのまんま生徒さんに伝える。

そして、生徒さんが結果がでるまで
誠意ある対応をするだけです。

だけです。
 

それ以上は、できないですし、
それ以上に、できることもありません。

ただ、それだけで良いのです。

あとは、生徒さん次第

ということになります。

発信者側は、ノウハウ、マインド、モチベーションに関して
提供できることを、提供するしかできないのです。

100%結果をだすために、
じゃあ、生徒さんと常に1ヶ月くらい過ごすのか??

それは、現実的に不可能であり
ナンセンスですよね。

逆に、そんなことで結果がでたとしても
それは生徒さんにとって長期的成功ではありません。

結果的に、甘やかしただけで
その後、最悪の状況になるでしょう。

ですので、情報発信者は

自分がしてきたこと

していること

をそのまんま伝えるしかないのです。

あとは、受け取る生徒さんが

どう感じて、どう思うか、どう行動するかは

あなたがコントロールできる部分ではありませんので

誠意ある対応をしつつ
願うしかない部分でもあります。

それを割り切りすぎとか、ドライなのかなとか
そのように情報発信者が感じること自体が
ちょっとベクトルとしては違っています。

ロバートキヨサキさんが
金持ち父さん、貧乏父さんを出版して
ほとんどの人が成功できなかったのは

ロバートキヨサキさんのせいか?

それは、おかしい話ですよね。

ロバートキヨサキさんは、
そのまんまやってきたことを
すべて出しただけで、出すしかできないのです。

100%成功の指導率。

それが達成可能な理想であれば実現を目指せば良いのですが
それは、夢物語であり、100%、絶対ということ自体
この世には存在しませんからナンセンスでしかなく
気にする部分ではありません。

I love you.

◆今日の名言
成功は失敗よりもずっと扱いにくいもののように思える。
成功をどう扱うかは、まったく本人次第だからだ

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2018年9月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:情報発信

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ