クラスターが懇親会でワタミを使う理由

SSF4-blog-stamp-best

昨日の記事で流した商品ですが

こちらです。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0146DP9IO

入金19000円で
仕入れ13000円なので

まぁ、良いですよね^^

で、今日は
どうでも良さそうだけど
どうでも良くない話をします。

情報発信の人は特に役立つと思います。

クラスターの懇親会に来たことがある人は
ワタミの場合が多いと感じてると思います。

9割以上の確率でワタミです。笑

なんか、シャレてないなぁ。

普通だなぁ〜って

ベタだなぁ〜って

感じた人もいるかもしれませんが

私自身も同じく思ってます。

ただ、ワタミを使うのに
私なりのはっきりとした2つの理由があるんです。

それは・・・・

1 空間

2 クオリティー

1 空間

とにかく一番の理由はこれですね。

懇親会で座る席って
だいたい固定されちゃうじゃないですか。

座るスペースの後ろに空間がない。

背中ぴったりになっちゃう。

ワタミは、多くの場合

掘りごたつっぽい席は
後ろに移動できるスペースがあるんですよね。

背中ぴったりの席だったら
奥に座ってる席の人が
トイレに行くのすら大変です。

で、やっぱりせっかく来てもらうんだったら
いろいろ席を動いて何人かの人と絡んで欲しいんですよね。

だから、そういう点で
ワタミは、本当に最高なんですよね。

意外とそういう店って
ありそうでないんですよ。

めっちゃ探したらあるのかもしれませんが
かなり時間がかかります。

で、ワタミって決めておいたら
主要駅にはほとんどありますからね。

どこでセミナー開催しても外れないです。

2 クオリティー

あと気分良く食事するために

料理の質

接客の質

これが一定以上のレベルの完成度に必ずなっています。

個人店や地域の店だと、ここがバラバラ。

両方揃ってることの方が確率的には低いのではないかなと思います。

懇親会に参加してくれる人には
食費として4000円ほど払ってもらっていますので
やっぱり、料理と接客が悪かったら
どこか、んんん〜となっちゃうと思うんですよね。

ですので、そういう点で

ワタミもそうですが、ワタミじゃない場合でも
大手チェーンの方がここは高い確率で安心して
予約できます。

SSF4-blog-stamp-best

現在のオススメは、
浜松町、ワタミん家ですね。

2次会でもそのままの場所で
追加料金でいさせてくれます。

普通、1次会で追い出されちゃいますので。

ま、店長は、長くても2年くらいで変わっちゃいますので
また様子は変わっちゃうと思うんですけど。

要するに
ワタミで懇親会をするのが
せどりの情報交換の場としては最高だなというわけです。

おしゃれな店で懇親会をしても
本来の目的からはズレちゃいますからね。

私が情報発信を3年半してきて
いろいろな場所で懇親会をしてきて
たどり着いた結論です。

あのような店も
適当に選んでるわけではないです。

ぜひ、活用してください。^^

今日の名言
ぼくは自分にできる
一番大切な問題に取り組んでいると感じられない限り、
時間を有効に使っていると感じられない。

そしてそれがこの会社のあり方なんだ

☆クラスター長谷川のおもろ〜!!!な
メルマガ登録はこちら♪

http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

☆クラスターの日常がのぞけちゃいます^0^
Facebook

https://www.facebook.com/workman.hasegawa

お友達申請で、クラスターの日常を覗いてみる☆

Twitter

https://twitter.com/clusterhasegawa

フォローして、クラスターの日常を覗いてみる☆

今日の記事も熱かったぜ!!!!という方は

応援クリックお願いします\(^o^)/
http://blog.with2.net/link.php?1467095

では、今日もコンビニに寄る感じで
感想・意見超お気軽に送って下さい^0^

送ってもらったメールには
必ず全てに熱く目を通させてもらいますが
返信は致しかねますのでご了承下さい。

http://sedori-biz.jp/otoiawase

家電せどりであなたを救うブログ by クラスター長谷川

SSF4-blog-stamp-best

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2016年12月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:情報発信

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ