日本一の話、聞いておいた方が良いです。

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

今日は、ただ見たYoutubeの紹介です。笑

素直に、めっちゃ良かったので。

私は、柳井正さんが
ただただ凄いなと思っています。

崇拝してるわけではありません。

めっちゃ好きかっていうと
そうでもないと思います。

日本一、資産を持ってるから?

それは違います。

経営というジャンルにおいて
自己探求を追求し
それを極めた人として凄いなと思います。

野球で言えばイチローという感じでしょうか。

イチローの年収を見たことで
イチローに興味がわくる人ってそんないないですよね。

イチローが、ただ凄いプレーをするから
興味が湧くんですよね。

そんな感じです。

動画では、人生や仕事について語っています。

そして、日本のぬるま湯について語ってくれています。
もっと言えばノー天気さ。

60歳を過ぎた人のエネルギーとは思えないほど
エネルギーを感じます。

大声で話してるとかではないんですけどね。
どちらかと言えば真逆。

ただ、筋、芯の通ったことを淡々と語っている。

だから、エネルギーを感じるのだと思います。

あと、英語も当たり前に話さないとですよね。
そんな話もぽろっと言われてます。

ユニクロと楽天が英語を公用語にすると言った時
批判されてましたけど
それで、ワァワァ騒いでるのが
日本の現在の意識のレベルだと思います。

やっぱり、そういうのは当たり前の時代だと感じています。

嫌、嫌って言っても
そうなっていくんです。

そういうもんなんです。

ただ、受け入れるしかないんです。

今、パソコン使えなかったら
仕事なんかできないですよね。

それと同じです。

昔、昭和生まれの人は分かると思いますが
私たちが子供の頃は
こんなに日本に外国人いませんでしたよね?

認識できてるだけでも
めっちゃ増えてますよね。

だから、私も英語勉強し直します。笑

って言いたかっただけです。

話が逸れちゃいましたが。

どうぞおおおお。

関係ないですが
留学経験のある楽天の三木谷さん、
英語喋ってますねー。

柳井さん 2つ目。

前も言ったかもしれませんが

やっぱりすげーなーって思うのは

柳井さんてハイテク産業じゃないじゃないですか。

服。

めちゃ古い産業じゃないですか。

明らかに斜陽産業ですよね。

しかも、もともとおしゃれなファッションブランドとかではなくて
田舎の商店街にある小さなどこにでもある紳士服店のスタート。

要するに、そっから大きく勝てる要素なんて
かなり少ないわけです。

それでも、急成長して1兆円を超える服屋になった。

本当、すごいしか出ません。

柳井さんに気合注入してもらってください。^^

◆今日の名言
業界2位の10倍になるには、
実は10%だけすぐれていればいい

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターせどりチーム4期
ど素人から月商100万円を100名以上輩出した
クラスターチーム4期が2017年7月に募集予定です。

興味がある人下記からご登録ください。

登録したからといって入会する必要はありませんので
お気軽にどうぞ。

http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=reserve

☆クラスターの日常がのぞけちゃいます^0^
Facebook

https://www.facebook.com/workman.hasegawa

 

お友達申請で、クラスターの日常を覗いてみる☆

Twitter

https://twitter.com/clusterhasegawa

 

フォローして、クラスターの日常を覗いてみる☆

今日の記事も熱かったぜ!!!!という方は

応援クリックお願いします\(^o^)/
http://blog.with2.net/link.php?1467095

 

では、今日もコンビニに寄る感じで
感想・意見超お気軽に送って下さい^0^

送ってもらったメールには
必ず全てに熱く目を通させてもらいますが
返信は致しかねますのでご了承下さい。

http://sedori-biz.jp/otoiawase

家電せどりであなたを救うブログ by クラスター長谷川

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2017年3月7日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ