人間は成功できないように作られている

昨日、せどりの弊害という記事を書きました。

http://sedori-biz.jp/?p=2902

で、これがなぜ強い害になるかというと

1 簡単すぎること(現金もすぐに手に入る)

2 成功が約束されていること

この2つに人間の本能レベルで
しがみつくようになっているのです。

より違うレベルには行くためには
1、2から抜け出さないといけないのに。

逆を行っちゃうんですよね。

人間は、現代社会の成功ができないように
本能的にプログラミングされているのです。

だから、少数の人しか
成功できないのです。

なぜ、そのようにプログラミングされているかというと
人間が動物だからです。

動物の本能がそのまま残っているからです。

動物の一生は、現代人のように
80年とかなじゃないですよね。

かなり長くても20年とかじゃないでしょうか?

で、動物としてはそんなに長く生きられないから
とにかく、目の前の人参に食らいつくわけです。

例えば、食料を保存するという概念なんてないですから

食料を見つけたら、
今、食べておかないと
次いつ食べられるか分からない。

生きるためには
目の前の食料に全力で喰らいつかないと
生き延びられない。

だから、すぐにがぶりつく。

そして、魅力的なメスがいたら
逃してられない。

良いメスに次いつ会えるか分からない。

今すぐ、子孫を作っとかなきゃ
短い人生で次、いつ子供を産めるか分からない。

※メスも良いオスがいたら
 次、いつ会えるかわからない。

こういう本能があるから
人間は短期的な欲求を満たすようになってるのです。

長期的に物事を考えてたら
自分が生きていけないし
子孫も残せない。

そして、

2つ目の成功できないようにできているプログラミングは

新しいことをしないようにできている。

からです。

先ほどと同じく
未知の新しいことをすると
死んでしまうかもしれない。

そして、外敵から襲われた時に
自分の身を守るエネルギーを
温存しておかなければならない。

だから、

新しいこと
難しいことは

できるだけしないように
本能が言っているのです。

週に5回会社に行けば
とりあえず今月は生きていける。

だから、それにしがみついてしまうのです。

習慣を変える=本能を変える
なのでなかなか手強いです。

このように

本能レベルで
現代社会では成功できないように
プログラミングされちゃってるのです。

ただ、その本能が悪いわけではないです。

その本能があるから
こうやって人類は繁栄してきたわけですので。

なので、その本能も持ちつつ
うまく付き合っていくのが最良の道です。

人間は、動物と違い意識付け
考えることができる生き物です。

ですので、

自分が変えたい事

達成したい事を

何度も、何度も紙に書いて
それを刷り込ませていく。

のです。

少しづつ
自分の思考を変えていく。

少しづつじゃないとダメです。

いきなり強くやると
反動があるだけなので。

だから、新しいことは
週に1回にしてください。

って昨日言ったのです。

こうやって刷り込んでいく事で(意識付けしていくことで)
長期的に成功を見据え
長期的に成功するための行動が取れるようになってきます。

意識付けは紙に書くことで
かなり強力になりますので、ぜひ♪

ではでは^0^

今日の名言

良心に照らして
少しもやましいところがなければ、
何を悩むことがあろうか。

何を恐れることがあろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2016年7月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ