人生は、すべてが奇跡と感謝。

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

クラスターせどり書籍の編集の方と会ってきました^^

先週、約1年ぶりに
出版の時に編集を担当してもらった
編集の福田さんに会ってきました。

クラスターの書籍が読みやすく
ヴィジュアルが見やすいのも
すべて福田さんのおかげです。

まとめ的な時や重要な時に
黒板や太枠で囲ったりと
素晴らしい仕上げになっております。

そんな福田さん

ブログ飯の
染谷さん
https://www.amazon.co.jp/dp/B01KOC6WF0

企業コンサルティング巨匠
小宮一慶さん
https://www.amazon.co.jp/dp/B01MT1BCKR

などの本も担当されてました。

福田さんに会いに行く時は
毎回、特に目的もないのですが、
いつも良い話を聞かせてくれます。

今回は、春から夏にボランティアをした話をしてくれました。

とある資産を持っていた女性に
亡くなる前に子供のボランティア団体の創設を
依頼されたようで引き受けたそうです。

そういうのは初めてだったので
どうやれば良いか全くわからなかったそうです。

福田さんが実施したのは

身寄りがなかったり
どこかに障害がある
養護施設の子供たち

とのアウトドアの旅行でした。

旅行中は、
予期できないトラブルだらけだったようで
なかなか大変そうでした。

病気などでずっと旅ができず
人生で最初の旅をする家族と

病気で重症の状態にあり
人生で最後の旅になる家族と

一緒に旅したり・・・・

なんか言葉にはできない経験をしたと言ってました。

春から夏に毎月やってほんとに良かったし
今の冬の時期は、このイベントを実施しないから
寂しいとおっしゃってました。

そんなことを経験した福田さんは

俺たちは、
こうやって五体満足で生まれて
今もこうやって、毎日を過ごせている。

こんな普通のこと以上に
ありがたいものはない。

当たり前にあるようなこと
当たり前にできるようなことって
ほんとは、全部奇跡なんだよ。

としみじみと言ってました。

ただただ、ほんとだなぁと思いました。

今日を、普通に生きれている。

ほんとに、ありがたい。

当たり前のことに感謝しつつも

起こらなかった悪いことにも感謝したいなと
最近は思います。

ちょっと時代が違えば
命がけで毎日戦わなければいけない
戦争の時代もあったわけで。

そういう時代が、
今後もまったくないとは言えませんが。

ただ、いまのところは日本で生きている人で
70歳以下の人はそういう生活をした人はいないはずです。

平和な毎日に感謝。

明日、自分の命はないかもしれない。

今の日本では、
ほとんどの人がその確率はかなり低いでしょう。

それも当たり前ではないんです。

もしかしたら
今日がほんとに最後かもしれない。

今日、会った人とは
今日で最後になるかもしれない。

そうやって
毎日を過ごしていくべきです。

今日も、大きな地震はありませんでした。

今日も、昨日まで生きてた仲間が生きています。

今日も、昨日まで生きてた家族が生きています。

明日、事件に巻き込まれて
この世を去ることになっても

今日まで、普通に生きてこれた奇跡に感謝して
去っていきたい。

そう感じます。

なんともない私たちの1日は

す べ て が奇跡なんだと

そのように最近は感じます。

そんな、奇跡と感謝を胸に刻み
残り70年ほど(予定)生きていきたいと思います。

なんか良く分からない文章になりました。笑

なんか伝われば幸いです。

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2017年11月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ