井上尚弥選手の親父から学ぶ親子愛

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

今年、メルマガで紹介した井上尚弥選手が

http://sedori-biz.jp/?p=4648 

いよいよ明日世界戦ですね。

絶対勝つと思いますし
変な大番狂わせはほんとに起こってほしくないです。

スポーツ界では、イチローに次いで
世界に名を知らしめる可能性がある選手なので。

で、そんな井上選手のドキュメンタリーを見ました。

世界戦初挑戦の時の取材ですね。

いろんなこと
めちゃ勉強になりました。

10歳年下とは思えないマインドを持ってますね。

ただただ、すごいです。

そして、個人的には井上選手の父から
親がどうあるべきかということを
とても考えさせられました。

けっこう、驚いたのは父はプロボクサーではなく
元アマチュア選手だったことです。

だから、手探りで、
自分が教えてあげられることを
全力でやっていった。

とのことです。

そして、特別なことはせずに
1ステップ、1ステップで教えていったと。

与えたステップができるまでは
次に絶対に行かせなかった。

と語っていました。

ひたすら地道な基礎の反復練習を重ねたようです。

それが、しっかりと下地になったのは
今の結果を見れば分かりますね。

井上選手の父はインタビュー動画からでも
飾らない、素直、誠実という雰囲気がとても伝わってきました。

自分の弱い部分も普通に語ってて
なんか、カッコ良いなと惚れました。

井上選手は、親父が世界選手を輩出したことがないという意向で
有名な大橋ジムに移籍することになりました。

その時の条件は、親父がトレーナーであること

だったようです。

親子の強い絆が、とても伝わってきました。

親父は、評価が厳しいみたいで
なかなか井上選手のことを褒めないそうです。

それでも、ずっとやってこれたのは
親子という絆だからなんだなぁと感じました。

スポーツのドキュメンタリーとしても面白いですが
家族についても考えさせられる素敵な動画でした。

ではでは

明日の試合を楽しみに待ちましょう。

◆今日の名言
挑戦者にとっては、知らないことの方が挑戦しやすいのである。

だから、私は言いたい。知らないということを恥じるな。
自分の発想をどんどん発言してみよう

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2017年12月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ