レビューサイトに騙されないでくださいね。

塾の悪評レビューサイトを
見たことがありますか?

なんか知らない人は
例えばネットビジネスの有名な塾の名前を検索すれば

あの塾は詐欺だってサイトが何個も出てきます。

あの悪評サイト・・・・・・・

信じないでくださいね。

基本的に、大きくプロモーションして
売り出している塾は

す べ ての塾が

詐欺扱いで、

けなされますので。

例外はありません。

もちろん、もともと微妙な塾もあると思いますが
本当に、良い塾やスクールなのに
その詐欺レビューサイト見て
ダメだって判断すると

せっかく、良いものと出会ってるのに
もったいなさすぎますよね。

で、なぜそういうことをするかって言うと

この塾は、ダメですよ。

って、塾の全体をけちょんけちょんにけなして

本当に良い塾はこちら。

って、誘導してるんですよ。

そこの塾販売で収益が上がります。

っていう、詐欺サイト自体がビジネスモデルの1つとして
成立しているんです。

塾名で、たくさんの人が検索するので
とりあえずアクセスが集まっちゃうんです。

塾がお金かけてプロモーションしているのを
うまく利用して、詐欺サイトは
そこまで頑張らなくてもアクセス集まっちゃうんです。

で、当たり前ですが
その詐欺サイトで誘導して紹介されている塾は
絶対、入らない方が良いです。

基本的に、稼げるノウハウは販売していません。

そして、普通に考えれば
人をけなしまくって
自分の塾を販売している

その人間性、品性自体がアウトです。

奇跡が起こって
短期的に稼げるノウハウだったとしても

その塾とつるみ続けたら
ま、良いことはないでしょう。

最近、思ったことがありまして
最近、買った書籍が
続けてアマゾンレビューで微妙だったんですよね。

世間的な評価は微妙だったんですけど
私的にはめっちゃ良い本たちだったんですよ。

先日紹介した呼吸の本も
そうでしたね。

私が、ネットビジネスで買った教材でも
私的には良いのに
真面目そうな評価サイトで
そんなによく言われていませんでした。

だから、人の評価で決断しちゃダメだなって改めて思いました。

いくら悪評がついてようが
本当に本当に自分の心の奥の声が
それに何か感じていたら

買った方が良いです。

それで、買ったものが合わなかったら

失敗ではなく
合わないということが判断できたので成功なんですよ。

お金的なコストは確かに一時的にはマイナスですが

機会コストは
だいぶプラスになっています。

だから、人の評価は気にせず
とりあえず買って見てみる。

を意識してください。

料理屋も店の前でいくらサンプル見てても
店に入って食べないと分かりませんよね。

店の前で
ダラダラ悩んでるのが
一番の無駄です。

あ、今日のメルマガは
クラスターの擁護をしてるのではありませんからね。

私は、まだそのような詐欺悪評サイトには
多分載ってないと思います。

私は、有名どころと大型プロモーションを組まずに
自分一人で完結させてビジネスしてるんで
あまり目をつけられにくいんだと思います。

あ、でもクラスターのこと悪く言ってるんサイトあったら
教えてください。笑

ではでは^^

今日の名言
憧れを持ちすぎて、
自分の可能性を潰してしまう人はたくさんいます。

自分の持っている能力を活かすことができれば、
可能性は広がると思います。

☆クラスター長谷川のおもろ〜!!!な
メルマガ登録はこちら♪

http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

☆クラスターの日常がのぞけちゃいます^0^
Facebook

https://www.facebook.com/workman.hasegawa

お友達申請で、クラスターの日常を覗いてみる☆

Twitter

https://twitter.com/clusterhasegawa

フォローして、クラスターの日常を覗いてみる☆

今日の記事も熱かったぜ!!!!という方は

応援クリックお願いします\(^o^)/
http://blog.with2.net/link.php?1467095

では、今日もコンビニに寄る感じで
感想・意見超お気軽に送って下さい^0^

送ってもらったメールには
必ず全てに熱く目を通させてもらいますが
返信は致しかねますのでご了承下さい。

http://sedori-biz.jp/otoiawase

家電せどりであなたを救うブログ by クラスター長谷川

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2016年8月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ