ラストスパートを始めに持ってくるのが最速

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

では、しつこいですが、笑
今日も引き続き

「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」という
仕事術の本のクラスターが良かったと思うポイントをお伝えします。

これだけマーカーしまくった本は久々でしたので
良かった部分は全部伝えたいので。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01GPCKJWK

◆ラストスパート思考が諸悪の根元。

ほとんど多くの人が
ギリギリの力を信じます。

で、これでうまくいってる人はいません。

中島さんは逆だと。

ロケットスタートで初めの2割の期間で
仕事の8割を終わらせてしまう。

そして、残りの8割の時間で
残りの2割、その他のトラブルを余裕をもって対処していく。

ロケットスタートのためには
それこそ徹夜をすることもあるようです。

そして、この残りの8割の期間に
新たな仕事を入れない。

これも大事だそうです。

これを詰め詰めにすると一見良いように見えますが
長期的に見た時に生産性が下がるし
自分が続けられないペースになるとのことです。

一つの仕事を最短で終わらせるのではなく
仕事を安定して続けるペースを維持するのが最優先。

という思考です。

クラスターも最近、
ここまでロケットスタートはできてませんが
前倒しくせがやっとつき始めました。

前倒しできるペースで予定を組んでいます。

確かに、このギリギリ思考をやめたことで
いろんなことが加速し始めている変化を感じています。

ラストスパートのあのエネルギーを始めに持ってくる。
意識していきましょう^^

◆マルチタスクの放棄

集中する時間は
マルチタスクを放棄するのが大事です。

例えばですが、
一番分かりやすいのが
連絡をいちいち返信する。

PCでネットがつながっていると

ライン、フェイスブック常に誰かから連絡がきています。

この時、いちいち返信しないことです。

来てるのが分かってると
ついつい・・・・・と思いますが

あなたがすべきことは
あなたの仕事を精一杯終わらせることですね。

その返信が
翌日になろうが
相手はなにも困りませんし
何も変わりません。

作業しながら返していると
かなりスピードが遅くなります。

当たり前ですが

F-1ドライバーが最速で走る時

ボルトが100メートル走ってる時

走ることだけに集中しますよね。

だから早いのです。

作業の時間は作業。

返信の時間は返信。

これが一番最短、最速です。

このようなマルチタスク
カッコ良いとか、
できる人と
イメージする人がいますが
ただのアホです。

注意しましょう。

◆1日の最初の2割で8割の仕事を終わらせる

さきほどのロケットスタートと同じですね。

1日でもこの法則を持ってくるということです。

そして、他の例でも良かったのが
1日に3つのプロジェクトをこなす場合でも

午前の最初の2割の時間で8割の仕事を済ます。

午後の最初の2割の時間で8割の仕事を済ます。

夜のの最初の2割の時間で8割の仕事を済ます。

こうすると良いリズムで仕事ができるそうです。

集中する時間
流す時間

これを2:8で組み立てる

ということです。

では、まだまだ書籍の伝えたい部分がありますので
続きは後日^^

◆今日の名言
誰かに幸福を与えることは不可能だ。

独立宣言にもあるように、唯一できることは、
その人に幸福を追う自由を与えることである。

幸福とは約束できるものではない。

それは、どれだけ頑張れたか、
その人の努力によって得られる、
その人次第のものだ

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2017年5月20日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ