とりあえず、せどりで独立しないように。

SSF4-blog-stamp-best

こんばんは^0^

せどり界で一番マスコミにでている
クラスター長谷川です。

講師をしていると
とにかく早く独立をしたい!!

という人によく出会います。

以前は、人生は限られてるんだから
何がなんでもなるべく早くした方が良いし

とりあえず独立しちゃったら良いんじゃないですか?

って言っちゃってました。

今は、それは違うなと思っています。

20代前半の独身だったらまだ
ありかもしれません。

私の場合は、

定職に就いたこともなく
独身でしたので

とりあえず独立しました。

失うものが何もなかったし
逆を言えば後がなかったんです。

そこで独立して成功しないと
未来がなさすぎると恐怖心でいっぱいでした。

一生、時給生活が続くのかなと・・・・・。

で、始めの軌道に乗るまでは
とりあえず若さのマンパワーだけで乗り切れました。

ただ、私のような条件の人って少数派だと思います。

あなたが、家庭を持っていたり
その会社で長年働いてるのだったら
独立は早まらない方が良いです。

焦って
とりあえず辞めてしまった場合

正社員だと
元の会社に戻れない確率も高いでしょうし

とりあえず独立したものの
焦りの悪循環で
稼げなかった時の精神的プレッシャーが半端ないからです。

私も独立してすぐぐらいの時に
売上が毎日数千円の日が1週間ほど続いて
死ぬかと思いました。

勤めながら続けるのも
私は十二分にありだと思っています。

勤めている会社が楽しいんだったら
辞めない方が良いです。

せどりは、それ単体だけで本業になると
利益を出しても
生活費で消えるので
お金がなかなか貯まりにくいんです。

あまり言われない
せどりビジネスの事実です。

せどりは正しく続ければ
どうせ嫌でも成功します。

そこで焦って辞めてしまって
軌道に乗らなかった場合
せどり自体を辞めちゃう可能性って高いと思うんですよね。

だから、独立したい場合は
どうせ成功するんだから
ずっと成功できる状態になってから
独立すれば良いと思います。

では、独立する人のクリアすべき条件は?

1 半年以上継続して、副業で本業の収入を超えている。

2 運転資金として半年分くらいの生活費がある。

3 家族の理解が得られている。

SSF4-blog-stamp-best

4 収入の柱が給料、せどり以外に1つはある。

ですね。

この条件をクリアすれば

精神的に楽しくスムーズに独立できます。

せっかく独立して
自分で仕事していくんだったら
楽しまないと意味ないですからね。

必要以上にかなり無理して
自分を追い込まなくて良いですよ。

ほんのりくらいだったら
ありだとは思うのですが。

無理矢理独立しても
無理なものは無理ですから。

せどりは続ければ

どうせ成功します。

だから、自分のペースでやっていって
自分の良いタイミングで独立してください♪

ではでは^^

※あ、これチーム生で独立した人をさして言ってるのでは
 100%ありませんからね。

 本当に。

 すでに、独立してたら
 気にしないで良いですよ。

☆今日の名言☆

大事なことを任された者は、

才能を頼みとするようでは駄目である。

知識を頼みとするようでも駄目である。

必ず志を立てて、

やる気を出し努力することによって

上手くいくのである。

☆クラスター長谷川のおもろ〜!!!な
メルマガ登録はこちら♪

http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

☆クラスターの日常がのぞけちゃいます^0^
Facebook

https://www.facebook.com/workman.hasegawa

お友達申請で、クラスターの日常を覗いてみる☆

Twitter

https://twitter.com/clusterhasegawa

フォローして、クラスターの日常を覗いてみる☆

今日の記事も熱かったぜ!!!!という方は

応援クリックお願いします\(^o^)/
http://blog.with2.net/link.php?1467095

では、今日もコンビニに寄る感じで
感想・意見超お気軽に送って下さい^0^

送ってもらったメールには
必ず全てに熱く目を通させてもらいますが
返信は致しかねますのでご了承下さい。

http://sedori-biz.jp/otoiawase

家電せどりであなたを救うブログ by クラスター長谷川

SSF4-blog-stamp-best

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2016年6月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:思考

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ