クラスター台湾旅行記 其の四〜初アパレル仕入れ〜

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

台北の五分埔(ウーフェンプー)の街を
アパレル仕入れのためにブラブラしていました。

デザインの感性だけで仕入れるのは
かなりの熟練者じゃないとできないので
今回は仕入れができないなと感じ始めていました。

デザインのジャンルに関しては
どんなやつでもあるはあるのですが。

そんな風にブラブラしてたところ
ある機能的なセーターとズボンを見つけました。

漢字が分かる日本人だから気づけました。

ポップで

「発熱」というような感じで書いてました。

※機能性は例で、私が仕入れたのは
 発熱するようなアイテムではありません。

すごい!!!

こんな服見たことない!!と思った私は

すぐさま店員さんに問い合わせました。

そして、店員さんが
その機能を目の前で実験して
証明してくれました。

改めて、目から鱗でした。

その機能性の耐久がいつまで続くかは
分かりませんが
とにかく凄かったです。

仕入値の倍以上で売れるな。

少なくとも、赤字にはならないなと思ったので
現在ある在庫を全て倉庫から持ってきてもらいました。

ただ、悔しかったのが
やはり、すでにけっこう売れてて
今年、初めてだした種類の商品のようでした。

今年の仕入れも
来年の仕入れも分からない。

とのことでした。

とりあえずセーターを10個

ズボンをサイズ違い入れて
15個仕入れました。

こんな感じです。

836BF2B9-D235-467D-9E0D-CD97CD3060CC

仕入れたどぉ!!!

という感じです。

ただ、仕入れのあと、
遠くまでパーティーに参加するのが決まってたので
10キロくらいはあったと思うので
この荷物量はかなり鬱でした。

仕入れの様子を文で書くと
けっこうスムーズな感じですが

実際は、店員さんには
英語があまり通じませんでした。

こんな外国人観光客が多い場所で
意外だなと思いました。

店員さんに、あなたの英語は
分かりやすいしうまいねと褒められましたが。笑

そこで、店員さんとクラスターのスマホで
お互いにグーグル翻訳で中国語で会話しました。

で、ここでまた一苦労。

翻訳された言葉が、
意外と意味をなしてない場合が多いのです。汗

なので、ちょっとニュアンスが
細かくやりとりできなかった時もありました。

だいたいは分かりましたが。

悔しかったです。

今、思えばLINEとかもそんな機能がありましたよね。

そういうの使えば良かったかもしれません。

ただ、何よりも大事なのは

お互いにコミュニケーションをとりたい!!
という姿勢だなと感じました。

言葉は通じなくても
雰囲気的になんとなく波長が合うのを
お互いに感じていたので

違う言い方をしたりして
なんとかやり取りしました。

仲良くなれたので
広くない店内で
椅子とお茶を出してくれたりしました。

ネットで売ってるんですか?

それだったら
こんな風な画像を使ったら
売れやすいですよ。

と提案してくれたり

知ってる日本語を話してくれたりして
とても楽しい時間を過ごしました。

そして、仲良くなり色々と話しすぎて
その夜に参加予定だったパーティーに
遅刻しそうになりました。笑

この仕入れ商品
売れたらまた発表します。

ただ、クオリティーは
まだまだ不明な部分があるので
まずは洗濯耐久テストをしてみます。

◆今日の名言
10年前、インターネット上で
電子商取引を行うアリババの挑戦は、
1万トンの石油タンカーを
ヒマラヤ山脈まで運ぶようなもので
不可能だと言われていました。

しかし、社員の絶えざる努力が実り、夢が実現しました

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2017年12月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕入実践

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ