結果を出すのに一番重要な○○の使い方

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

今、「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」という
仕事術の本を読んでるのですが

https://www.amazon.co.jp/dp/B01GPCKJWK

予想以上に面白すぎたので
使えそうな内容をシェアしますね。

まず・・・

◆ルーティーンでないタスクの
 見積時間を甘く見過ぎ。

ルーティーンタスクはだいたい
見積時間通りに終えれるが

そうでないルーティーン外タスクは、
もっと真剣に見積時間を見極める必要がある。

とのことです。

多くの人は実質的な
見積時間ではなく

理想の見積時間で見積もります。
(実際よりだいぶ短い)

そうして一つがずれだすと
すべてがずれ出してしまいます。

ここをもっと本気で詰めましょうということです。

もうちょっと言えば
その見積時間を長時間しっかりとって
ちゃんと見極めましょう。

ということです。

◆余裕がスピードを早める

ある病院で手術室がいつもパンパンで
もっと手術をしなければいけないのに
どうやって増やそうか。

と困っていたそうです。

案としては

1 医師をもっと働かせる
2 手術室を増やす

が考えられますね。

ただ、その病院がとった実際の策とは・・・・

手術室を1室常に空きにしておいたそうです。

そうすることで、今までよりも5%多く
手術数をこなせたそうです。

その病院は、もともと緊急搬送が多く
スケジュール変更が常に起こってしまい
その度に、医者が手持ちぶたさになることが多く

予定がずれこみまくり・・・・・・

医師は睡眠不足になり

の悪循環になったようです。

そこで、1室を緊急用にあけておくことで
今までよりも手術をこなせるようになったそうです。

これは、ビジネスマンで言うと

1日、1週間、1ヶ月で
予備時間を設けているか?

ということですね。

これをしっかりと確保しましょう^^

◆能力よりも時間術

この書籍の著者はマイクロソフトの元SEさんなのですが
SEとしての能力は社内で決してトップではなかったようです。

ただ、能力よりも時間の使い方は
他のSEさんよりも長けていたそうです。

それにより、能力がある人よりも
仕事を良いクオリティーでこなすことで

ビルゲイツと直接やりとりできる地位まで
のぼり詰めたようです。

単にスキルが高い人は
仕事遂行にあたり進捗の視点が甘く
作業や仕事にムラがあり
一定の実力を発揮できない人が多いようです。

結果を出すのは
能力よりも時間の使い方であり

ビルゲイツも
時間の使い方で世界一の金持ちになった。

と書いていました。

その通りだと感じます。

では、これ以上書くと長くなりそうなので
また続きは後日にしますね。

ではでは^^

◆今日の名言
企業はマネジメントを最小にとどめることで、
最大の結果が生まれる。

マクドナルドは、この規模の企業にしては珍しく、
最も組織化されていない企業である。

そして、マクドナルドの経営幹部は
他のどの企業の人間よりも仕事熱心だと思っている

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2017年5月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ