ユニクロ7時出社に関して思うこと。

こんにちは^0^

せどり界で一番マスコミにでている
クラスター長谷川です。

私は、ユニクロの柳井さんが
めちゃくちゃ凄いと思っています。

好き嫌いで言われると、
正直どちらでもないですし
現在は、柳井さんについて
そこまで詳しくないです。

ただ、圧倒的に凄いと思ってるのは柳井さんです。

理由は、アパレルという業界で
日本一の資産家になってるからです。

IT企業だったら分かります。
完全に時代に乗ってますからね。

それが、アパレルで有利とは言えない
時代のレバレッジが効いていない
超アナログな業界で勝負して1位なんですからね。

しかも、資産家として1位を安定してとってますよね。

ユニクロの会社制度がよく
ヤフーニュースになったりもしますよね。

そういうのとか見ちゃいますね。

希望者全員、正社員にする。とか。

社内は英語を公用語とする。とか。

今度有明に、5000坪のオフィスを作る。とか。

常に挑戦してるのが
バシバシ伝わってきます。

そんな中で今の自分にも大事だなぁ〜って思うのは

7時出社16時退社のルールですね。

私は、フリーですので出社する必要はないですが
早起きはしないとなと思っています。

この時間を早めると何が起きるかっていうと
他の人と時間をずらせるのです。

そして、これだけ早いと
良い習慣を作らざるを得なくなります。

例えば、仕事の後飲みに行くことになったとしても

普通の18時に終わる会社だったら
こっから22時くらいまで
けっこう飲んじゃうと思うんですよね。

で、22時までなってしまったら
もう終電までもうちょい飲んでも一緒だよって空気になって
夜中12時くらいまで飲むことになります。

結局、6時間くらい飲んでます。

家に帰ってもグダグダで眠り
朝グダグダで慌てて起きるでしょう。

頭もボーッとしたまま
満員電車に揺られて出社。

疲れたまま仕事開始。

悪循環の繰り返しですね。

ユニクロの場合

16時に仕事終わったとしても
そっから6時間後の22時くらいまで飲もうって
多分ならないと思うんですよね。

多分、長くても19時くらいで
かなり満足しちゃうような気がします。

で、さっさと早く帰って、明日の準備しましょうよ。

的な感じになるのではないでしょうか。

頭もスキッとして家に帰れて
無駄な時間もない。

ちょっと理屈では説明しにくいですが
感覚的なこのニュアンス分かるでしょうか?

となるとさっきの会社と比べると
これだけで3時間の違いが生まれています。

さらにリズムの好循環と悪循環で
余計に差がつきます。

16時の仕事終わりに飲みに行かず
家に直帰したとしても

電車も空いてますので読書もゆっくりできますし
体に無駄な疲れが発生しません。

これが他の人と同じ時間に帰ってたら
満員電車で帰るだけで一仕事です。

読書したとしても
集中できないですよね。

やっぱり、人と違う時間に動いていく生活は
改めて大事だなと感じている今日この頃です。

ではでは^0^

11月19日、26日の
せどりセミナーフェスタはこちらからどうぞ♪

http://sedori-biz.jp/?p=3209

◆クラスターせどりチーム3期
ど素人から月商100万円を100名以上輩出した
クラスターチーム3期が2017年1月に募集予定です。

興味がある人下記からご登録ください。

登録したからといって入会する必要はありませんので
お気軽にどうぞ。

http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=reserve

☆クラスターの日常がのぞけちゃいます^0^
Facebook

https://www.facebook.com/workman.hasegawa

 

お友達申請で、クラスターの日常を覗いてみる☆

Twitter

https://twitter.com/clusterhasegawa

 

フォローして、クラスターの日常を覗いてみる☆

今日の記事も熱かったぜ!!!!という方は

応援クリックお願いします\(^o^)/
http://blog.with2.net/link.php?1467095

 

では、今日もコンビニに寄る感じで
感想・意見超お気軽に送って下さい^0^

送ってもらったメールには
必ず全てに熱く目を通させてもらいますが
返信は致しかねますのでご了承下さい。

http://sedori-biz.jp/otoiawase

家電せどりであなたを救うブログ by クラスター長谷川

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2016年11月7日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:仕事スキル

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ