伝説の店舗せどりチーム 募集開始!?

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

先月末にお伝えしましたが

今月中に2つの店舗せどりチームの募集の紹介をします。

こんな感じで紹介しました。

10月中旬
和気あいあい楽しい初心者向け 店舗せどりチーム 数十万円

10月下旬
月商1000万オーバーを目指せる 店舗せどりチーム 数十万円

両方、極めてオススメなので紹介するわけなのですが

こっちのチームの方が正しい、

こっちの方が良いというのはありません。

どちらが自分に合いそうか。が正解です。

上記の文章でそれぞれの雰囲気がなんとなく伝わると思います。

あとの詳細は、クラスターに相談してください。

親身になってお答えしますよ^^

では、今日から

和気あいあい楽しい初心者向け 店舗せどりチーム 数十万円

のチームを紹介していきます^^

なんとなく気づいてる人もいるかもしれませんが

クラスターせどりチームのDNAを
唯一正式に公式に受け継いているチームの
フジップリンせどりチームITFです。

(現在、クラスターは,せどりのコンサルをしておりません)

で、そんな藤井さんにクラスター事務所に
フジップリンチーム0期、1期の報告を
しに来てもらいました。

https://fujippulin.com/taikensha/7093/

講師として、ここまで活躍してもらえるようになって
とても嬉しかったです^^。

今回、フジップリンチームを紹介していくうえで
私なりに決めたコンセプトは

とりあえず
入っておこう
ITF

です。

なぜか、俳句調にしてみました。笑

なぜ、「とりあえず」入った方が良いかを
これからチーム募集終了までかけて
説明していきますので
楽しみに読んでくださいね^^

で、さっそく

とりあえず

ITFについて色々と知って欲しいですから。

こちらから、ぜひ登録しておいてくださいね。

https://fujippulin.com/itf2nyukaiannai/

チームに関しての細かい情報が
フジップリンからも流れてきますよ^^

もちろんですが、強引な勧誘などは一切ありませんので
ご安心ください。

以前もお伝えしたのですが

◆チームに入る利点

ということを冷静に理解しておいてくださいね^^

当たり前ですが、部活と一緒で、
うまくなるには
どこかに所属するのが一番の近道ですからね。

●ヨーイドンで始められる。

同じスタート地点から
たくさんの人と走り始めることで
行動する理由がたくさん生まれます。

同じスタートなので、言い訳もできません。

良い意味でのライバルになり
お互いを高め合うことができます。

距離がだいぶ開いてしまった場合
後ろの方の走者はいずらくなることもありますが

それは、指導者次第で、
その走者が走り続けるか、やめるかが決まります。

紹介する二つのチームの指導者は
あなたのペースがどんなに遅くても
ゴールに着くまで伴走してくれますので安心してください。

●師匠、同期、先輩、後輩の4つの人間関係

チームに入ると自動的に
師匠、同期、先輩、後輩の4つの人間関係が生まれます。

師匠には教わる

同期とは切磋琢磨する

先輩からは、師匠が持ってない視点を学ぶ

後輩には、教える

という違う刺激があります。

この違う刺激があなたを飛躍的に成長させてくれます。

学生時代と違うのは、大人のコミュニティなので
必要以上に堅苦しくないことです。

会社でもありませんので
上下関係、縦の関係ではありませんので
とても楽しいと感じると思います。

雰囲気はサークルという感じです。

●これらの環境により成功確率が最も高くなる。

人は、環境によって作られる生き物です。

あなたが、成功しているグループに入れば
成功する確率は格段に高まります。

いやでも、プラスのエネルギーに触れることはできるので
モチベーションを維持し続けることができます。

そもそもネットビジネスは一人でできるとはいえ
やはり人は、人がいなければ成長が止まってしまいます。

このような理由でクラスターは
ネットビジネスをするのであれば
どこかのチームに所属することを強くお勧めします。

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ