せどりは、1つの手法で十分稼げりゅ

SSF4-blog-stamp-best

悲しい時ぃ~

ハロウィーンで仮装したけど
乗りきれず
テンションが素のままだった時ぃ~

なんか悲しい時ぃ・・・・・・

こんばんは

ビジネス誌で噂のクラスター長谷川です。

今日は、かなり久々に
私自身が熱く語ろうと思います。

せどりは、一つの手法で十分稼げます。

今日は、動画最後にダジャレを入れましたので
最後だけでも見てみて下さい。笑

せどりってほんとに簡単です。

稼ぐのはやる気さえあれば、
誰でもできます。

ただ、一つネックなのは簡単は簡単でも
手法やジャンルがたくさんありすぎるのが
逆にネックです。

やはり、自分の手法やジャンルを
1つもしぼりきれてない人は
稼げません。

一つのジャンルや手法の基本をマスターしようと思うと、
本業でも1ヶ月

副業の場合なら
合間時間にせどる事になりますので
2ヶ月くらいかかると思います。

そして、その基本をマスターする前に

あ、次のしてみよう。

とついつい試してみたくなります。

気持ちは分かります。
これが逆に最大の遠回りになってしまいます。

本、CD,DVD,ゲーム、おもちゃ、家電
輸出、輸入などなど色んなジャンルがあります。

正直言って・・・・・・・・・・・・

よっぽど業界の流れ的にあるジャンルで
ライバルがめちゃくちゃ多くならないかぎりは

どれでも稼げます!!!!!!!!!

稼げない時は、そのジャンルの情報発信者が
いなくなった時です。

ただ、いつでも、
どのジャンルの情報発信者さんも
自分のジャンルできちんと稼いでますよね。

て事は、どのジャンルでも
ちゃんと稼げるんです。

だから、中途半端にプラプラしない事です。

結果だす人って、
このジャンルのこの手法!!って決めて
そればっかりします。

私も、そんな感じでした、
バカの一つ覚えみたいにしてました。

昨年、年末商戦で8桁の月商いった方達も
そうですよね。

みんな結果だす時は一点集中です。

で、結果でたら
次の手法していいんです。

結果だす前に
絶対プラプラしないで下さいね。

私のチーム生で副業2ヶ月目で
月商240万達成した人がいます。

このチーム生は、ほんとのほんとの
ネットビジネス正真証明のド素人です。

このチーム生に先日会って話を聞くと
ビックリしました。

私、2ヶ月間クラスターさんのメルマガしか
読んでませんし

クラスターさんの特典しか読んでません。

それだけで、十分稼げますから。

って。

確かに、一点集中、一点突破は
大事ですが

SSF4-blog-stamp-best

ここまで徹底してるとは
思いませんでした。

確かにせどりって
仕入れ、出品の時間があるので
本気で稼ぐ期間は
他のジャンルを学んでる暇なんてないんですよね。

ひたすら作業作業ですから。

最大限の結果だしたい時は、
何でもいいから
これ!!!って決めてそれをしまくって下さい。

ただ、必ずしもだらだら長々とする必要はありません。

基本が身について、結果さえだせば
1ヶ月でも2ヶ月でもいいです。

逆に、結果がでたのであれば
どんどん違うジャンルや新しい手法を
試してみるべきです。

ではでは、一つ一つ手法を
確立していって下さい♪

※このチーム生は、
「副業で」「開始2ヶ月で」という点で
せどり業界記録を更新してると思います。

異例ですので
自分自身と比べないで下さいね。

近くでみてましたが、
やっぱり、努力量が半端じゃなかったですから。

クラスター長谷川

クラスター長谷川の楽しすぎる
せどりツアーにご興味のある方は・・・・・・

ごめんなさい~。

現在、予約がいっぱいいっぱいで
今から問い合わせ頂いても
11月末頃になります。汗

リアルに問い合わせが止まらない・・・笑

ありがとうございます!!

嬉しいですが、
クラスターの体一つでは足りない感じで~す。笑

せどりツアーは、問い合わせ頂いても
約1ヶ月先になってしまいますので
ご了承下さい。

全員分ではありませんが
今までのツアーさん達の感想動画はこちら

今日の記事も熱かったぜ!!!!という方は
応援クリックお願いします\(^o^)/
http://blog.with2.net/link.php?1467095

では、今日もコンビニに寄る感じで
感想・意見超お気軽に送って下さい^0^

http://sedori-biz.jp/otoiawase

家電せどりであなたを救うブログ by クラスター長谷川

SSF4-blog-stamp-best

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ


2013年10月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:せどり 思考

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ