郵便局の特約について営業マンと電話

こんにちは^0^

ど素人から月商100万オーバーを100名以上輩出してきた
せどり界トップクラスの指導実績をもつ

クラスター長谷川です。

先月、郵便局から
今年の3月で特約(契約)の料金ではなく
一般料金と一緒になります。

という封書がきました。

ちきしょー!!!

というよりは

クラスターが言ってた出荷数ほど
全然だせてないので
逆に、今まで特別料金で使わせてくれて
ありがとう。

という感じでした。

で、ご丁寧に電話までくれました。

郵便局の営業マンからは

「長谷川はん、全然出荷してくれまへんでしたなぁ。
 もう、よろしいわぁあああああ。」

くらい言われるかなと思ってたのですが、笑

全然、そんなことなくて

「この度は、普通料金になっちゃってごめんなさい。
 また、違うサービスがでたときは優先的に連絡させてもらいますからね。」

と、とても低姿勢で言ってくれた感じでした。

ちなみに、今回、郵便局の本部と直接契約しているレベルのところ以外は
ほぼほぼ全て普通料金になったようです。

安い料金のままのとこは
多分、大企業レベルのところくらいのはずです。

ですので、郵便局に料金変えられたあなた!

凹む必要はありません。

中小企業クラスでも
一般料金になってるはずです。

料金改正は、よくありますので
また変更なったらすぐに連絡します!!

と言ってくれました。

また、ちょっとでも安くなるのを期待しましょう^^

後納(後払い)のシステム自体は
そのまま使わせてもらえるみたいですね。

◆今日の名言
顧客が価格だけで購入するわけではないことを
マーケターは覚えておく必要がある。

顧客は支払った価格に対して得られるベネフィットという点から、
最大の価値を与えてくれる製品を求めているのである

◆せどり界一楽しく稼げるクラスターのデイリーメルマガはこちらから^0^
http://cluster-hasegawa.com/ms/form_if.cgi?type=3&id=cluster

◆クラスターのライン@登録で
   せどりマネージメントレポート19個プレゼント!

https://line.me/R/ti/p/%40qqo6551i

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

タグ

2018年2月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:せどり 便利

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ